楽天のバナー作成で、「これは上手い!」と思った使い方

スポンサーリンク
記事上広告
特価バナー

楽天に出店しているショップのネットの広告は、ポータルサイトなどに表示されるマッチング広告や、サイトに設置されたウィジェットで見かけます。

他には、楽天で買い物した人がBlogなどでレビューといっしょにアフィリエイトバナーを設置してあるものなどで目にすることが一般的だと思います。

楽天で表示されるバナーでいつも思うことがあります。

「つまらない」

商品画像をシステム上そのまま引っ張って来ているのでしょうね。ただの商品画像であるか、30%OFF、送料無料といった文字が入ったものが多くて、はっきり言って格好悪い。

広告としてサイトに表示されている光景はまったくおしゃれじゃないし、面白くない。

ただ売れたらいいという雰囲気しか伝わってこない。

それよりも、買いたいと思わせてくれるような画像で工夫したらもっと使い道があるように感じました。

そこで目に付いたのが、ふなっしーを使ったスマホスタンドの広告バナーです。

このバナーはを見たとき「これは上手い!」と思いました。

商品のパッケージには、ふなっしーがささえるなっしー!とは書いてありますが、スマホスタンドの商品名としての正式名称というわけでも無さそうです。

ちょっと欲しいなと思いませんか?

どんな商品なのか、詳細を見たくなりませんか?

単に商品を綺麗に写したり、価格などで訴求するのとは違って遊び心が伝わってきますし、自分のスマホでやってみたいと感じますよね。思わず声のモノマネもしてしまうと思います。

楽天の商品バナーも、こういうシチュエーションを意識したものにもっと作り変えたら売上に繋がると思います。

また、レビューブロガーがアフィリエイトバナーを設置するときにも、こういうバナーは有効だと思います。こういうストーリー性のあるバナーにすれば、単なる商品画像としてではなく、Blog記事のキャッチとして使える画像にもなるわけでsす。

要するに画像素材集のような利用の仕方ができるのではないかと思いました。

こういう使い方ができる商品ばかりでは無いとは思いますが、店舗によっては商品の露出の機会が増える可能性もあると感じます。

レビューブロガーではなく、普通にBlogを書いている人も画像素材としてアフィリエイトバナーを使うシーンが出てくるかもしれません。

楽天の商品画像をシーンを意識したものに工夫してみる価値はあると思いますけど、どうでしょうかね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です