平昌オリンピックの公式サイトが日本語対応してる!でも、今さら感が漂う…

スポンサーリンク
記事上広告

日本地図が消去されていて一悶着あった平昌オリンピックの公式サイトですが、全面的にリニューアルされてるような感じですね。

日本地図の話題について、これまで追記を加えながら以下の記事を3回投稿してきました。

最後の記事を書く頃にはリニューアルの動きを感じていましたが、本日アクセスしてみると様子が違いました。まあ、いつ変わったのかは全く興味が無いのでもちろん知りませんがね。

このリニューアルで大きな変化が一つあります。

それは日本語対応していると言うことです。

これまでの平昌オリンピックの公式サイトは、韓国語、英語、フランス語、中国語の選択ができました。

IOCのホームページは英語とフランス語なので、オリンピックでの公用語的な扱いは英語とフランス語といった扱いなのでしょう。そこに中国が入っていたので、中国にアピールしているんだろうなと思っていました。

ところがなんと、今回のリニューアルで日本語も選択できるようになってるんですよね。

https://www.pyeongchang2018.com/jp

末尾に「jp」とついてますがな。

日本からの観戦客目当てですか?

ならば最初からやっておくべきなんじゃないですかね? 地図も消すなんてことをして反日に満足してる場合じゃなかったんじゃないですかね?

でもね… まあ、これ以上何も付け加えなくても、わかる人にはわかるでしょう。なんか今さら感が漂うんですよねぇ。

やれやれだぜ(空条承太郎風に)

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です