オバマ大統領の広島訪問は歓迎すべきかもしれないが、世界を混乱させるかも?

スポンサーリンク
記事上広告
広島原爆ドーム

オバマ大統領の広島訪問が正式に決まりました。中国、韓国がこの訪問に反対して日本は被害者ではなく加害者だと言いたいようですが、原爆で亡くなった人は被害者以外のなにものでもない。歴史認識とか無関係の話だし、そもそも中国、韓国には原爆投下は関係のない話です。

日米関係筋によりますと、アメリカのオバマ大統領は今月下旬に開かれる伊勢志摩サミットに出席したあと、27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問することを決め、日本政府に伝達しました。安倍総理大臣はオバマ大統領の広島訪問に同行する方向で調整に入りました。

引用元:NHK NEWS WEB オバマ大統領 広島訪問へ 米現職大統領で初

日本はどこかの謝罪ばかりを声高に求める国と違うので、素直に訪問を歓迎すればいいと思います。

ただ、原爆資料館の展示をしっかり見ていただいて、唯一核兵器を使った国としてその悲惨さを重く受け止めてもらいたい。その上でのメッセージを出してもらいたいものです。

オバマ大統領に謝罪を求めないとしても、その謝罪の無いことが良からぬ影響を世界に与えないか少し心配な面があります。

謝罪が無いということは核兵器を使ったこと自体は肯定していることに変わり無い。原爆使用が戦争終結を早め、たくさんの命を結果的に救ったという言い訳めいた認識は続くわけです。

ならばこれからも核兵器を使う国があったとしたなら、戦争を終わらせるためには仕方ないじゃ無いかという理由を持たせることになってしまうと思う。

オバマ大統領は相当強い核なき世界へのメッセージを出さないとまずいのでは無いかと思えてきます。長いスピーチはしないということらしいので、本当に慎重な言葉選びが必要になるのではないかと思います。

あと、日本人の中には、「謝罪が無いのはけしからん!」という意見を持つ人もいるでしょう。こういう考えは仕方のないことにも思います。

ただ、この「けしからん」という考えが米国への批判につながって日米離反工作の餌食になって利用されてしまうかもしれません。これもまた国際政治を不安定化させる要素になってしまうのではないかと心配してしまいます。

ですから、このオバマ大統領の広島訪問は、日本は本当に上手く位置付けて利用しないといけないと思いますね。

どういう形になったとしても、日本は上手く今後へ繋げていかないといけない。このポイントだけは重要でしょう。

あ、そういえばオバマ大統領が広島に訪問する5月27日って日本海海戦記念日ですね。意味深?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です