ポケモンGOのARモード表示って妖怪ウォッチの世界でこそ生きるのでは?

スポンサーリンク
記事上広告
狛犬

ポケモンGOの話題はまだまだ世間の賑わせてますね。この大騒ぎもしばらくすれば落ち着いてくると思うのですが、さてどうでしょうか。

このポケモンGOのARモードで映される実際の野外の映像の中にいるポケモンを見ていて感じたことがあります。

「これは、妖怪ウォッチの世界観に似てるのでは?」

そう思ったんですよね。

妖怪は妖怪ウォッチをかざすことで妖怪の姿を見ることができる。そういう世界ですよね。

スマホをかざすとポケモンが見えるという機能を、妖怪が見えるというものにしてしまえば妖怪ウォッチならぬ妖怪スマホに早変わりという感じです。

どういうゲームにするかは細かく考えないといけないのですけど、アプリを持っている人にスマホのカメラを向けるとその人が召喚している妖怪が一緒について回っているのが見えるという感じの世界は作れますよね。

もちろん、ポケモンGOのように街中に妖怪がいてもいい。

ロボニャンとかあちこち飛び回っていて欲しいものですけどw

神社の入り口の狛犬のところにコマさんとコマじろうがいたりすると可愛いじゃないですか。

ポケモンGOだとモンスターボールを投げてポケモンをゲットするわけですが、こちらの場合は何かのアクションを起こして妖怪メダルを集めるって感じになるかな。

召喚してもノリが悪くて出てこないっていうのもアリかな?w

なんかあの世界でいろいろ遊べるような気がするのですよ。

どこか作ってくれないかな?まあ、何か考えてるゲーム会社はあるでしょうけどね。

妖怪ウォッチは日本では人気とはいえ、ポケモンほどには世界的なキャラクターにはなっていないので、ポケモンGOのような世界的な騒ぎにはならないとは思いますが、ちょっと見てみたいとは思ってるんですよ。

私に技術があれば、試しに作ってみたいのですけども。

ちなみに、私はコマさんがもんげー好きです。

<関連記事>
コマさんとコマじろうが迎えてくれる神社ってありでしょ?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です