Mac OS X Yosemite 10.10.2 へのアップデート!Wi-Fi改善した?

スポンサーリンク
記事上広告
アップル・アップデート

MacのOS Xが10.10.2へアップデートが来ましたね!

個人的に気になるのは、やはりWi-Fiの接続が時々切れるところ。ルーターをRTモードからAPモードに変更したらかなり安定するように(私の環境では)なったのですが、やはりいつのまにか切れてることはありましたからね。

OS X Yosemite 10.10.1のアップデート内容

OS XのYosemite v10.10.2アップデートで、Macの安定性、互換性、およびセキュリティが改善されるということですが、これはいつもお決まりの表現ですね。
具体的な内容は次のとおりです。

  • Wi-Fiが接続解除される問題が解決されます
  • Webページの読み込みが遅くなる問題が解決されます
  • “メール”の環境設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にした場合、spotlightではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正されます
  • Bluetoothヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善されます
  • Time MachineでiCloud Driveをブラウズする機能が追加されます
  • VoiceOver読み上げのパフォーマンスが向上します
  • Webページでテキストを入力するときにVoiceOverが文字をエコーする問題が解決されます
  • 入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決されます
  • Safariの安定性とセキュリティが向上します

引用元:About the OS X Yosemite v10.10.2 Update – Appleサポート

Wi-Fi接続も解決されてるようですね。(本当かな?w)

それ以外の改善ではWebページの読み込みの問題くらいしか個人的には問題がないですね。

おわりに

Wi-Fi接続が勝手に切れるかどうか、じっくり監視してやるぞw

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です