Mac OSX Yosemiteの不具合が解消!「10.10.1」へのアップデートでWi-Fi信頼性など多数改善

スポンサーリンク
記事上広告
アップル・アップデート

MacOSをMavericksがらYosemiteに変更してから、かなり挙動に不具合がありました。インターネットで修正方法を探していろいろと対策を施していたわけですが、初心者にとってはちょっと高度な対応もあったり、一時的に改善したものの再度不具合が生じて何度も同じ対策を繰り返すなどということもありました。

ですが、ようやくアップデートが発表されましたね。

米Appleは11月17日(現地時間)、Mac版OSである「OS X Yosemite(Version 10.10)」のアップデート「10.10.1」の配信を開始した。10月16日のリリース後、初のアップデートになる。

引用元:ITmediaニュース

アップルのサポートコミュニティーなどに、Wi-Fiに接続してもすぐ切れるという報告がたくさんありましたが、今回のアップデートでこれらが改善されるようです。

OS X Yosemite 10.10.1のアップデート内容

OS XのYosemite v10.10.1アップデートで、Macの安定性、互換性、およびセキュリティが向上するということですが具体的には次のとおりです。

  • Wi-Fiの信頼性が向上します
  • Microsoft Exchange Serverに接続する際の信頼度が向上します
  • 特定のメール・サービス・プロバイダを使用して”メール”メッセージを送信する際の信頼性が向上します
  • “どこでも My Mac”を使用してリモートコンピュータに接続する際の信頼性が向上します

引用元:About the OS X Yosemite v10.10.1 Update – Apple サポート

App Storeのアップデート説明欄の表示にはこうあったわけですが、リンク先の記事を読むと他には通知センターの不具合や、Mac App Storeでアップデートが表示されない、Mac miniでスリープから復帰しない、Time Machineで古いバックアップが表示されないなどの多くの不具合が修正されました。

Wi-Fi接続に関しては、快適な通信環境である時と接続が切れる時のと差が激しくてOSが原因なのかルーターなどの通信機器が原因なのかさっぱりわからない状態が続いてました。ネットワークの環境設定の「DHCPリースの更新」やIPv6の設定を「リンクローカルのみ」にしたりといろいろやってみましたが、改善する時とダメな時とがあってとても困りました。このアップデートでやっと快適なネット環境になりそうです。

Yosemiteに変更して一番困った不具合は日本語入力が突然できなる不具合ではないでしょうか。「ことえり」から新しい日本語入力に変わって期待されていたと思いますが、入力しているといきなり半角英数しか入力できなくなり、入力モードを切り替えても半角スペースが表示されるという非常に困った状況になりました。

対応としてはキーボードの入力ソースの変換学習を「リセット」したり、セーフモードで起動してから再起動するなどして症状は改善していましたが、これも一時的なものでした。人によってはGoogleの日本語入力システムやATOKをインストールして対応していた人もいました。詳しい人になると、com.apple.JapaneseAnalysisフォルダを削除して再起動するというものもありましたが、ここは初心者にととってはなかなか手を出せない領域です。

ですから今回のアップデートはこの日本語入力不具合の修正を一番望んでいました。

サポートページに、Addresses an issue that might prevent entering text in Japaneseとあります。念のためGoogle翻訳してみると、「日本語でテキストを入力できない場合があり問題を解決しました」となります。

これでようやく安定した作業環境が手に入ることになりましたね。

念のために

とは言っても、思わぬところでまた不具合が生じてしまうかもしれません。

ですので、Macでトラブルがあったときの基本ともいうべきセーフモードで再起動する方法の手順を確認しておきましょう。

Macをセーフモードで起動する方法

  1. Macのシステムを終了させる。
  2. 電源ボタンを押す。
  3. 起動音が鳴ったらすぐに「shift」キーを押しっぱなしにする。
  4. 画面にAppleロゴとプログレスバーが表示されたらすぐに「shift」キーを放す。
  5. セーフモードで起動完了。

そのまま再起動して挙動を確認してみるというのがまず第一歩のようですね。

Wi-Fiの接続と日本語入力の不具合の修正は日常で使う機能なので早くアップデートされることを待っていたので助かりました。ネットではもっと時間がかかるのではないかという記述も目にしていたので、思っていたよりも対応が早かったのは良かったです。

ところで、Macの時刻がズレるのですけど、これは治ったのかな?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です