TBS あさチャン!「逃げ恥」最終回番宣のコーナーで周りがうるさくて醜悪至極なり!

スポンサーリンク
記事上広告

本日はTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回である。

朝の情報番組「あさチャン!」も最終回の番組宣伝のコーナーがあったのだが、これが本当に醜いコーナーに感じてしまったのは私だけだろうか?

当然番宣には、みくりさん(新垣結衣)と平匡さん(星野源)の登場である。この二人には全く文句はありません。ガッキーの可愛さは絶対正義なのである。星野源の振る舞いもなかなかツボる感じで良い。

ドラマの最終回の番宣となると、これまでのストーリーを振り返ったりするシーンや、街角の取材で胸キュンとなるシーンはどこかと一般の人にインタビューするシーンが流れるわけである。

問題はここだ。

ドラマのシーンやインタビューのVTRが流れている時、スタジオの出演者の会話が騒がしくてたまらない。VTRの音声が聞き取りづらいほどワー!キャー!と騒いでいるのですよ、あのアナウンサーたちが。

あれだけ一世を風靡したドラマの最終回。その主人公二人がスタジオにやってきてテンションが上がるのはわかる。

私ももしその場にいたら、ガッキーの前で貧血を起こして倒れることでしょう。

騒ぎたい気持ちは否定しない。

でも、VTRの音声に被るくらいの盛り上がりってどうなのかと思うわけです。

そこはスタジオの音声を絞るべきだろうと思ったのですがね。

絞ってたのかな?

それにしても、マジで騒がしかった。

醜悪至極なり!とはまさにこのこと。法門寺沙羅駆も怒っていたに違いない(違)

朝、テレビを見ていて、「おい、出演者!なんか違うぞ!」と思ったのです。

そんな状態を『ああ、ちょっと皆さん、もうちょっと落ち着いて〜』みたいな雰囲気で番組を仕切る夏目三久アナは大変だなとも感じました。

マジでTBS、いい加減にしろ!社員教育がなってないぞ!(宇垣美里アナは可愛いから許す)

そう思った朝のひと時なのでした。

お約束のように、番組内で恋ダンスをあさチャン!出演者全員で踊りはじめます。

夏目さんのダンスのキレが良すぎて凄い違和感を感じたのと、星野源さんはダンスをちょくちょく間違っていました。

極め付けは、龍崎孝さん。二人を超えてゆけ〜♪の所の指は2本ではありませんw

まあ、そんなことはもういいか。

本日、逃げ恥は最終回。確か15分拡大版です。

浸透力、半端ねぇ〜

みくりさん、さようなら〜

(追記)

最終回、とうとう終わってしまいました。

感想としては、なんか普通に終わってしまったかな?という感じ。「おお!」っということもなく。でも、失望っていうことでもなく。ほのぼのと終わってくれたかなという感じ。

そんなことよりも、アメリカ大使館も「恋ダンス」をYouTubeにアップしていたのには笑いましたw

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です