新聞社がいい加減である証拠。すぐにわかる嘘を平気で記述する愚

スポンサーリンク
記事上広告

最近、テレビや新聞マスコミの偏向報道というかバランスの悪さが気持ち悪い。もちろん、メディアによってスタンスの違いはあっていいのですが、どのメディアも同じ方向だと意味がない。「五箇条の御誓文」の「万機公論に決すべし」の大切さを痛感するところです。

ここに明らかに嘘を書いている新聞社の記事を挙げておきましょう。ここは日本の新聞ではなくあえて朝鮮日報の日本語版です。

『今こそ、韓国に謝ろう』というタイトルだけを見て「日本が謝罪する内容」と思ったあなたは、著者にまんまと釣られている。「踏みにじられた朝鮮半島」「伝統文化の破壊」といった章立ても誤解を呼ぶに十分だ。本を紹介する短い一文も誤解を招く。「これで日韓問題は完全に解決する。楽しみながらサクサク読めて納得できる、まったく新しい『韓国大放言』」

 著者の百田尚樹(61)は50歳のとき、太平洋戦争末期の特攻隊を美化した小説『永遠の0』を書いて有名になった。今では指折りの極右作家だ。性暴行事件が起こると「在日がやったんだろう」と言う人物だ。

 本書の内容は「(何かを)してあげてごめんなさい」と要約できる。「自分たちが勝手に近代医療技術を朝鮮に伝えて平均寿命を伸ばしてごめんなさい」「自分たちが勝手に学校をあちこちに建てて教育してごめんなさい」「勝手にインフラを整備してごめんなさい」というように。植民主義を正当化する、典型的なパターンだ。

 しかし、冷めた反応を示す日本人も多い。紀伊国屋書店のウェブページには「木に謝ろう。こんな本に使ってしまって」「こんな作家のせいで日本が駄目になる」といった声も多かった。

引用元:「韓国に謝ろう」 書名で釣る日本の極右作家

百田尚樹さんの大ベストセラー『今こそ、韓国に謝ろう』を扱った記事です。

この記事、全く内容について触れることができない情けない記事です。せめて「いや、実際はこうでしょ?」くらいの内容でも記述すればマシなのですが、そんなこともできずに「極右」「植民地化」という紋切り型のフレーズを使っておしまいのクズ記事です。

どの国でも言えることですが安易な「極右」表記でのレッテル貼りは問題の解決に全くならない。思考停止の典型だと思っています。

そんなことよりも、最後のこの1文が問題ですよ。

紀伊国屋書店のウェブページには「木に謝ろう。こんな本に使ってしまって」「こんな作家のせいで日本が駄目になる」といった声も多かった。

早速、紀伊国屋書店のホームページに行って、この本の紹介欄を見てみましょう。

=>https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784864105569

どこにもそんな声を掲載するスペースはありません。レビューコーナーなんて無いんですよね。一体どこを見て言ってるのでしょう?

こんなすぐにわかる嘘を平気で書く新聞だということです。こういった記述に煽られるわけですから、日韓関係を悪化させた元凶の一つとして新聞マスコミの嘘があるのは間違い無いでしょう。新聞は報道機関ではなく、プロパガンダ機関になってしまっている。これは日本もどこの国も一緒だね。

紀伊国屋書店のページ、ひょっとした韓国の店舗のページのどこかにユーザーレビューがあるのかなと思ったのですが、韓国には店舗は無いんですよね。異次元世界なんだろうなぁ。

そういえば、百田さんの『カエルの楽園』が文庫化されましたね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です