新語・流行語大賞って、もう役目は終わったかもね。

スポンサーリンク
記事上広告

2016年の新語・流行語大賞が発表されました。今年の漢字とともに年末の恒例行事のようになっていましたが、この流行語大賞についてはもう役目は終わったかもしれませんね。

ここではいちいち何が受賞したかは列挙しないことにします。関心のある方は新語・流行語大賞のページをご覧ください。

もちろん今年という時代、世相を反映した言葉もないわけではないですが、とても不愉快な言葉をチョイスするあたりにセンスを感じません。

その最たるものが「保育園落ちた日本○ね」です。

保育園の待機児童の問題が注目されたとか言っていますが、そんな問題ははるか昔から行政は対応に苦慮しているはずです。今更といった問題でしかない。

国会で採り上げただけであって、「流行ったのか?」という声はあちこちで言われてるのではないでしょうか?

それに、なぜ民進党の山尾議員は授賞式に現れるのでしょうか?そもそもこの言葉は匿名のブログの記事。ならばそのブログの投稿者は受賞すべきものでもあります。場違いでしょう。

いや、場違いどころの話ではない。そもそも「○ね」とかいう言葉を国会で出すこと自体がデリカシーが無い。まあこういう話題があるという意味で採り上げたのでしょうけど、そんな言葉が飛び交う国会は見たいものでは無い。「日本」を他の国などに変えたらやれなっちゃらスピーチだと騒ぎ出すのに、「日本」にはそんな声は無い。

なんなのかと思えるほどのバランス感覚の無さです。

山尾議員に関しては、ガソリンプリカの話の方が盛り上がったとも思えますが。(また最近も出てきたようですが)

民進党議員の発言には決まって「お前が言うな」と言う言葉がついて回ります。この言葉のほうが流行語大賞にはふさわしいほど一年中何度も聞かれるわけで、ここまで人口に膾炙すると流行ではなく、日常になってしまうのかもしれませんね。

ま、山尾議員の話は別にいいのです。

それよりも新語・流行語大賞で扱われる言葉は以前ほどインパクトを持っていないものが多くなったと思います。あまりキレも感じないものというか、必死に採り上げた感が強いものが多く感じます。

メディアが多様化しているので、新聞やテレビなどで扱われた言葉がそのまま反映しない面もあるのでは無いでしょうか。多様な価値観が溢れる時代であるので、流行も以前ほど求心力があるわけでもなく、新語も新語と認知され無いうちに次々と違う言葉が出てきたり、情報が大量に周りにあって以前のような鋭さは無いのでしょうね。

ほんともう必要ない企画かもしれません。

別に企画自体は無くさなくてもいいですけど、「現代用語の基礎知識」の巻頭にでも掲載するレベルのものでいいのではないでしょうかね。

もうテレビで報道するようなものでも無い気がします。それぞれの「マイブーム」があればいい時代かもしれません。(ぷっ、マイブームw)

(追記)

ネットでも話題になっていましたが、つるの剛士さんのこのツイートに全面同意の思いです。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です