民主党と維新の党の合流に興味なし!現在の日本に必要な野党再編は潰し合いだ!

スポンサーリンク
記事上広告
国会議事堂

今、日本の政治の世界に必要なのは野党の合流ではなく、野党同士の潰し合いによる生き残ったところによる政党存続だと感じます。

民主党と維新の党の合流には相変わらずまとまり感を感じません。党名を国民からの応募で決めるとか言い始めたので、全く何を理念にしてるのか、どんな日本にしていきたいのかさっぱりです。(民主・維新合流後の党名案の募集を決定 党名検討チーム第2回会合

学生が新規に作るサークルだって自分たちで名前は決めるのに何なのでしょう?

それに、あれだけ「民主」の文字にこだわる民主党のメンバーは、「民主」の文字の無い政党名の応募ばかりだったらどうするんだろうとも思います。

まあ、そんなことよりも「民主」という文字の意味が民主党のおかげで日本では全く意味をなさない無価値と言っていいほどのものに今はなってしまっていることには民主党は責任を感じて欲しいものです。

もう「民主」って言葉を聞くと笑えちゃうところあるでしょ?

さて、今回の野党の協力体制。1強自民党に対峙するという意味では仕方ないのかもしれませんが、多少の選挙対策が組めるとしても議席的にどれだけの影響があるのだろうか疑問です。

多少食い込んだとしても、所詮考えの根幹はバラバラ。それを国民は見越してか、世論調査での声は期待しないが多い。おそらく期待するって声はお利口さんの意見で、野党がしっかりしなきゃいけないという意味での期待でしかないようにも思えてきます。

今、野党に必要なのは、こんな合流ではなくてお互いの粒し合いでしか自民党に対抗できるような政党は出てこないと思います。だから選挙協力などせず、自民党に対抗する前に他の野党から議席を奪うことの方が先だと考えます。

もちろん、一朝一夕で自民党に対抗できる状態にはならないでしょう。次の選挙では当然無理で、10年くらい見据えての潰し合いをしなきゃいけないと思ってます。

弱いところがいくら巨人に正面からぶつかったってダメ。

ランチェスター戦略的な話でいうなら、2位のグループは1位のグループとの違いを出しながら、3位グループ以下を徹底的に叩くということが必要ってことです。

今回の野党合流で美味しい思いをしそうなのは共産党じゃないのかな?

民主党、維新の党にごちゃごちゃやらせて「敵はあっちだ!」と自民党と戦わせて自分たちはゆっくり構えておけば漁夫の利を得る。

そんな構図が見えなくも無い気がするんですよね。

自民党もおかしなところがあるだけに、マジで野党は潰し合って生き残った力のある政党ができないといけないと思うのです。ただ、野党合流の話に出てくる政党はどこが生き残っても魅力を感じないところから結果は見えているとも思えます。

違う路線の政党が必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です