オバマ大統領の広島訪問に関連して心に残ったテレビの放送

スポンサーリンク
記事上広告
広島原爆ドーム

オバマ大統領が被爆地広島を訪問してから数日経ちましたので状況は落ち着いたところでしょうか。

所見を述べる程度と思ってたのがかなり長い演説になったことが驚きでしたが、同時通訳が下手くそだったのでそのときはちょっと感情移入ができなかったのですが、どうあれ一つの歴史だったのだろうと思います。

いろいろ評価があるのもわかりますが、謝罪を求めない日本の精神性というものは本当に誇らしいなと思います。

オバマ大統領の演説の内容であるとか、世界の賛否や評価などはネットに溢れているのでそちらを検索していただくとして、私が心に残ったテレビの放送について触れておこうと思います。

その放送とは、オバマ大統領が広島を訪問する朝にNHKで流れていたものです。ですから、オバマ演説の内容とは直接関係の無いものとなります。オバマの広島訪問を前に、被爆者にスポットを当てた番組でした。

番組では一人の被爆女性にスポットが当たります。その方は原爆の経験を語る仕事をしている人でした。

その方は、語りべの仕事をお願いされる際、「恨みや憎しみの側面から原爆の経験を語らないでください」と言われたそうです。

被爆者の方にとって語りべの仕事は意義あるもの。一人でも多くの人にあの惨劇を知ってもらい、2度と核兵器が使われない世の中にしたいという思いは誰よりも強いでしょう。

ただ、原爆の体験を語りながらも、どうしても「恨みや憎しみ」の思いを克服して話すことはいつまでもできなかったそうです。

しかし、あることがきっかけで「恨みや憎しみ」の思いを大きく変えることになります。

その方はいろんな方に原爆の体験を語るわけですが、ある日、外国の若者に「あの日のこと」を話す機会がありました。

いつもと同じように話し終わると、一人の若者(おそらく米国人)が近寄ってきて、被爆者の方に謝罪の言葉を述べて頭を下げたそうです。

その瞬間、語りべの被爆者の方は今までにない強い思いを持ちました。

謝罪を受けたから感激したのでしょうか?

違います。

「なぜ、当時とは無関係の米国の若者に謝罪をさせてしまうようなことになってしまったのだろう。この若者を傷つけてしまうようなことしてしまった」

そう思ってから「恨みや憎しみ」の思いを克服しなくてはいけないと思ったそうです。

そんな番組を朝やっていたのでした。見ているこちらも胸が締め付けられる思いでした。

今回のオバマ大統領の広島訪問に、多くの日本国民は「特に謝罪は求めない」という思いで臨みました。

これは日本の国民性ということもあるのでしょうけど、被爆者の方のこれまでの活動に込められてた思いの延長にもあるものなのだろうとも思いました。

どこかの国にはできないことでしょうかね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です