勘違いしている民進党が支持されるわけがない

スポンサーリンク
記事上広告
国会議事堂

夢を見ているだけの民進党が支持されるわけがない。

民進党の支持率がまた下がったとかいうニュースも流れたりしていますが、もうすでに民進党をニュースで扱うこと自体がどうでもいいというのが国民の大半の意識じゃないでしょうかね。

以前、何もしないことが民進党の支持率を上げることのできる方法だと書きました。

民進党の政党支持率を上げる方法

まあ、何もやらずにはいられない落ち着きの無い政治家の集まりが民進党なのでそういうわけにもいかないでしょう。

相変わらず、ブーメランな話題が飛び交っています。

なぜこんなに民進党は必死になってしまうのか考えてみました。

これは、過去の成功体験に囚われていて、そこから全く抜け出すことができていないということなのだろうと判断します。

そう。一度、政権交代して与党になってしまったことが、今の勘違いした民進党に繋がっているのだと思うのです。

あの政権交代が日本の政治として上手くいっていた時期かと言われると「そんなことは無い」という人は多いでしょう。だからこそ、今は自民党政権になっているわけですが。

あの政権交代の時期は一体どうだったのか。

第1次安倍内閣は体調不良から退陣し、「あなたとは違うんです」と福田内閣は退陣し、それまでの下降気味の自公政権にリーマンショックや漢字の読み間違いなどで遊ばれて麻生内閣も選挙で敗れました。

この間、マスコミも「政権交代」というキーワードが踊りました。そう言えば、消えた年金問題もありましたし、自民党内でも対立や、舛添のように調子に乗って出ていった人もいましたね。

要するに、自民党しては全く良い流れではなかったわけです。

自民党に変わる政党が必要だと誰もが思っていたことでしょう。そこへ政権交代で表舞台に出たのが民進党に変わる前の民主党だったわけです。

当時の民主党に投票した人は、今の民進党を見てどう思うでしょう?あんなに左派政党だったのか?と思ってる人が多いのでは無いでしょうか。

当時の国民が望んでいたのは、おそらく自民党がダメだったところを民主党はまともにしてくれたらそれでいいという程度だったのでしょう。実質的に、政権運営能力の無かった政党であったということに気づいて、政権から落ちたわけでしょうけども。

さて、今、民進党がやっていることは一体どういうことでしょうか。

それは、あの政権交代が起こる前と同じ戦法で自民党を追い詰めようとしているだけです。

でも無理でしょう。政権にいるときの失政があらゆる追求でブーメランとなって返ってきますし、自民党のミスも、以前に比べれば致命傷と言えるようなものもそれほど無い。それ以上に、今の内閣支持率の高さを民進党は全く理解していない。

こんなに支持率の高い内閣にバカな批判ばかりしていたら、そっぽを向かれるに決まっているでしょう。国民の意思に反することをしているということを全く理解していないのが民進党です。

それに今は、「政権交代」などというキャッチコピーだけで国民は動かない。当時とは一度下野しただけあって自民党も違うでしょう。

あの時代とは状況が違うにもかかわらず、全く当時と同じ感覚で「夢よもう一度!」と勘違いしているのが民進党なのでしょう。

自民党を批判している場合じゃ無いんですよ、あのバカ政党は。見てて不愉快。税金の無駄。そんなイメージしか持っていない有権者は多いと思いますよ。

リアリズムって大切だな。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です