メジャーは野球マンガとして見るな!子を持つ親こそ見るべき!

スポンサーリンク
記事上広告
メジャー

先日、人気野球マンガの「MAJOR(メジャー)」が、今年3月から「週刊少年サンデー」で続編が連載されるということが報じられていました。

2010年まで16年にわたり連載された満田拓也さんの人気マンガ「MAJOR(メジャー)」が、3月から「週刊少年サンデー」(小学館)で続編をスタートさせることが30日、明らかになった。

「MAJOR」は、1994~2010年に同誌で連載され、コミックス全78巻の累計発行部数は5300万部を誇っている。野球選手の父を不幸な事故で失った少年・吾郎が、右肩を壊す致命的なケガをしながらも、左投げの豪腕投手に成長。高校卒業後は米国に渡り、父の死にかかわりがあったスター選手らとしのぎを削る物語が描かれた。

引用元:まんたんウェブ <MAJOR>大人気野球マンガが5年ぶり復活 サンデーで3月から連載開始

いい終わり方だったと思うので、続編がどう進行するのが心配な面もあります。なんせもう主人公の吾郎はボールを投げられないですからね。

まさか、今度はバッターでメジャー挑戦!とかは無いでしょう。あ、でも吾郎の性格だとなきにしもあらずですね。

私はメジャーはアニメでしか見ていませんでした。しかも、高校3年生が舞台の話だけです。

なんだか情熱だけで突き進んでいる野球小僧に、こちらもついついアツくなってしまいそうになるという強烈な印象は持っていましたが、青春スポ根ストーリーくらいにしか思っていませんでした。

ですが、昨年、ふと第1話から見たくなり、アニメシリーズを子供時代の最初の話から見始めたのですが、ついつい劇場版、OVAも含めて全話一気に見ることになってしまったのです。

勝負をかける姿はサッカー漫画のキャプテン翼にも通じるものを感じるのですが、このメジャーは野球マンガだけども、イマイチ勝負への闘争心の感じられないサッカー日本代表の試合を見ていると、サッカー選手にこそメジャーを見て欲しいとも思いました。一度、サッカーは翼の世界から離れてみるのもいいでしょう。

しかし、私はこのアニメを単なる青春スポーツものだなんて思えなくなりました。

これ、野球マンガですけど、絶対に子を持つ親がみるべき作品だと思えたのです。

主人公の吾郎は幼いころプロ野球選手である父親の頑張っている姿を見て育ちました。

父親が吾郎に見せたのは「これしか子供に伝えられることは無いんだ」という姿でした。

そして吾郎が大人になってメジャーで肩を壊し、このあと子供達にどんな父親であるべきかと考えて出した答えである日本球界にバッターとして復帰する姿は、吾郎が子供の時に見た父親の姿とまったく同じメッセージでした。

メジャーは親子の物語。親から子へ何を伝えるのか?これは子育てに通じる教育漫画(アニメ)だと全話見終わった瞬間に感じたことでした。

個人的にはすごくすっきりとした終わり方に思えたこのメッセージ。

続編は本当にどうなるのだろう?

とにかく、子供を持つ親は全話一気に一度見て欲しいと思えるのがメジャーです。

特にお父さん!子供に父の背中を見せるってことはどういうことか、この漫画を見て考えてみてはどうですか?

(追記)

全くフォローしてなくて最近知ったのですが、メジャーの続編って吾郎の息子の世代の話だったんですね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です