Macの電卓、OSがYosemiteになって便利になったと思った瞬間w

スポンサーリンク
記事上広告
Mac電卓

パソコンにあらかじめ入っている電卓って、ちょっとしたとき使うのに凄く便利だと感じるのですけど、どうなのでしょう?

ちなみにMacでは電卓ではなく計算機と呼ぶようです。

計算をしなきゃいけなくなる時ってけっこうあるんですよね。どんな時だ?と言われても困りますが、ほんとちょっとした時ですw

卓上電卓ももちろんあったりするわけですが、机の中から出すのが面倒臭い。

そんな時にパソコンの電卓を使うわけです。

ただ、この手間はどちらもあまり変わらないとも思うのですがねw

Mac OSがMavericksの時はLaunchpadをクリックして計算機アイコンを探していました。

Windowsマシーンの電卓よりも見つけやすいですけど、ちょっとひと手間いりますよね。

ここで「dockに出しておけ!」とか、「Spotlight検索を使えよ!」とかいうツッコミが、Mac上級ユーザーから入りそうですが、ここは勘弁いただきたい。

何かと不具合が出ているMac新OSのYosemiteですが、計算機については本当に嬉しい配置をアップデートでしてくれました。

もちろんLaunchpadの中にもいますけど、ここにも計算機がいたのですね!

Mac計算機

通知センターの中に電卓がいるじゃないですか!(計算機だよ…)

Macの画面の右からニョキッと出てくるスペースに、iPhoneで見慣れたデザインの電卓が表示される。

今回のOSアップデートでの個人的な感動ポイントは、まさにここでしたw

すごく便利www

いろいろ不具合が報告されているMac OSのYosemiteですが、この計算機の配置だけでも、アップデートのあらゆるトラブルは全て帳消しだと思います。(いや、それは無い)

ちなみにSpotlight検索で計算機を出すには、「calc」とでも入力すればトップに出てきますよ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です