「昼飯なんかで国益を削るわけにはいかない」安倍首相の苦笑

スポンサーリンク
記事上広告
握手しない

日中韓首脳会談も終わり、それぞれ二国間会談も行われたわけですが、日本にとってはお付き合いしてあげたくらいの感じでしょうか。

そもそも中国の南シナ海での動きに対する懸念からすれば、こんな会談は行わないという状況もあったと思います。

この大問題に関して中国に直接言及できない韓国って一体どうなってるのかと思ってしまいます。

それでも慰安婦問題については日本に言ってくるわけですから。

「慰安婦問題は、日本は日韓基本条約を含めたさまざまな条約の中で、解決済みという認識で今日まで対応している」

首脳会談後、同行筋は記者団にこう述べ、「現段階で合意がある事実はない」と指摘した。韓国側は「早期妥結」について、安倍首相に「年内」と明言することを求めたが、首相はこれを突っぱねたという。

韓国側は首脳会談に向けた事前折衝では、朴氏主催の昼食会などを交換条件に譲歩を迫ってきたが、日本側はこれも拒んだ。安倍首相は周囲にこう苦笑した。

「昼飯なんかで国益を削るわけにはいかない」

引用元:産経新聞 |慰安婦問題、日韓首脳会談でも埋まらぬ溝 「年内妥結」迫られるも安倍首相突っぱねる

これは安倍総理のおっしゃる通りです。

天秤にかけるものの重さが全く違う。

韓国政府は中国の求めに応じ、中国の李克強首相の訪韓を「公式訪問」と位置づけ、個別の夕食会も設定。日韓首脳の昼食会が見送られたことについて、日本政府関係者は「安倍首相を厚遇し過ぎると世論が反発しかねないと韓国政府が判断したのだろう」と語った。

引用元:YOMIURI ONLINE |韓国が昼食会見送り、安倍首相は大使らと焼き肉

世論の反発を恐れて安倍総理を冷遇するって、これは逆だと思いますよ。

先日、こんなエントリーを書きました。

韓国朴槿恵大統領は安倍総理からお望みの言葉を引き出したいならこうしなさい

エントリーに書いたように議会演説などは出来る状態ではないでしょうが、意味としては厚遇しろということでした。

社会心理学の返報性の法則ではありませんが、何も得るものが無いのに日本が譲歩するわけが無いでしょう。いや、今まで日本は妥協しまくってますからね。譲ってしまうのが日本の国民性でもありましょう。

韓国から日本に求められることは、この慰安婦問題解決だけではありません。

先日大筋合意に至ったTPPについて韓国も慌てて参加の意向なわけで、日本に協力を求めてくるわけです。

また、韓国の経済界から日韓通貨スワップの復活を求める声もありました。

これらのことに日本が対応することは、韓国にメリットはあっても日本には何もないのですから、昼食があろうがなかろうが天秤にかけるものの大きさが違いすぎますよ。

相対的に日本にはメリットの少ない3国関係だと思うのですが、きちんと付き合う大人としての日本のあり方ということでしょうかなぁ。

さて、こういった交渉毎のニュースで安倍首相は「交渉を加速させる」って言葉をよく使います。

もちろん、「妥結に向けて」という枕詞があるのですが、いつも妥結しなくてもいいよな、仕方ないよなって雰囲気を感じてしまいます。

まとめ

韓国?あれはもういいでちゅ〜

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です