ドリームキラーとTBSサンデーモーニングの法則 やる気が消える瞬間

スポンサーリンク
記事上広告
ポジティブ思考

さあ!やるぞ!そう思った時に限って妨害が入る。やる気が消える瞬間はあっという間にやってくる。そんなことって確かにあると思います。ドリームキラーというやつでしょうか。

マーフィーの法則にも似たような感じのものが有ります。

マーフィーの法則(マーフィーのほうそく、英: Murphy’s law)とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである(それが事実かどうかは別)。多くはユーモアの類で笑えるものであるが、中には重要な教訓を含むものもある。

引用元:wikipedia – マーフィーの法則

この例では、トーストのバターを塗った面がカーペットに落ちるといった感じのことが、個人においてやる気が削がれるパターンに似たようなものに思えます。

例えば、こんな感じのことはないでしょうか。

物事が上手くいかない時、ダラダラ過ごしてしまうことがあります。そんな姿に家族からも冷たい視線が注がれるわけです。そんな生活をしばらく続けていると、「このままじゃダメだ!」と奮起する時もやってくるものです。

そうなったらしめたものです。これからの計画をいろいろ練ったり、夜遅くまで次の起死回生のための準備をしたりし始めるわけです。作業的なことでなくても、気持ちの切り替えがバシッと決まったりもするものです。

これでオッケー!明日の朝から全開だ!

こう思った次の朝。順調な再スタートを切れると思ったら、家族から「あれはどうなっのだ、いつまでこんなことやってるんだ」とかいう話が出たりして、せっかくのやる気が削がれることになったりします。

せっかく朝からスタートダッシュを決めようと思った瞬間の出来事です。かなり気分が悪い。

違うパターンとしてはこんな感じもあるでしょう。やる気を出して次の日に備えようと、夜遅くまで計画を練ったりします。朝方まで頑張ったりして、かなりの良い行動計画などが出来上がります。

でも、その準備のやる気が空回りし始めます。夜遅くまで張り切って作ったその計画も、寝不足とともに体調もよろしくなくなり、さっきまでのやる気はどこへやら。

「今日は無理な感じ・・・」

こうして元の木阿弥となっていきます。

これらのパターンは学生などにも当てはまりそうですよね。勉強をサボっていた学生が、このままじゃ成績がどうしようもなくなってしまうから勉強をしっかりやろうと思ってやる始めた時に、親から「勉強しろ」と言われて気分を害してしまうのは誰もが経験してるのではないでしょうか。

やる気を出していい気分になって張り切った瞬間に、いざ腰を上げようとすると動けなくなるというこのパターン。これまで幾度も経験したの個人的なパターンです。

解決策があるのかどうか知らないが、まず環境を変えるのは一つの対策だと思います。邪魔をするものは大体が同じものだから、それを遠ざけるのも一つでしょう。同じ人と一緒にいることが多いから同じリズムになってしまうのかもしれません。(好循環になってる人は全く問題ないのでしょうけども)

この状況、何かに似てると思ったら日曜日の朝のテレビ番組の編成です。TBSです。

がっちりマンデー‼︎は見てますか?本当にやる気が出てくる番組です。失われた20年といわれて久しい日本もまだまだ捨てたもんじゃないって感じるほどの企業がたくさん出てきます。見てるこちらのインスピレーションも湧いて、まさに月曜からの仕事に頑張ろうという気持ちにさせてくれるわけです。

こうして気分や良くなったところで、迂闊にもチャンネルをそのままにしていると、関口宏のサンデーモーニングが始まって日本はダメだ的な陰気な話題が盛りだくさんでもう台無し。反日プロパガンダ番組なのかと勘ぐってしまうことも多々有ります。

サンデーモーニングがサイテーモーニングと揶揄されるのもわかる気がしますね。せっかくの日曜日の爽やかな朝が台無しです。

まさにサンデーモーニングの法則

関口宏の顔を見てるだけでうんざりしてきます。昔、「知ってるつもり」という番組が日本テレビ系でありましたが、あの頃は日本の希望やキラリと光るところを探そうとする内容が多かったので勉強になったのですけどもね。

最近のTBSは、ドラマの「下町ロケット」とひるおびの江藤愛アナウンサーのむっちり具合にしか興味はありません。

サンデーモーニングは唐橋ユミさんのスポーツコーナーしか見る気がしません。

いや、もう最近は全く見なくなってしまいましたよ。

喝!

<関連記事>
「ポジティブ思考の罠」という罠には気をつけろ!とんねるず石橋貴明で考えるポジティブ思考

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です