iPhoneのストレージ容量が突然不足してビックリ!

スポンサーリンク
記事上広告
iPhone

iPhoneで動画を撮って遊ぶのもなかなか面白いことに気がついて、どんどん画像も含めて撮影していたのですが、突然の容量不足にビックリしました。

もちろん、動画になるとファイルサイズが大きくなるのでストレージ容量を使ってしまうことくらいは知っていますよ。

動画を撮影するときは、そんなこと気にせずとりあえずは撮影しちゃいますからね。

動画の前後をトリミングしようと思ったら容量が少ないとアラートが出たので、MacBook Proに動画ファイルを移し、iPhone側のファイルを削除しました。

これでしばらくは大丈夫だなと思ったのですが、iTunesに接続した時にiPhoneの空き容量を見ると、想像していた以上に空き容量が広がってないことに気がつきました。

ほとんどのファイルをMacBook Proに移したはずなので、もっと空き容量が広がっていないとおかしい。

そこでいろいろ調べていたら、ひとつはフォトストリームを使っていたら容量を消費してしまうということことでした。

空き容量に気をする人はフォトストリームをオフにしたほうがいいかもしれませんね。

しかし、これはフォトの話。

画像を扱う機能ですからちょっと求めている答えと違います。

そこでiPhoneの写真のアルバムを見てみます。

カメラロール、自分のフォトストリーム、ビデオ、最近削除した項目の4つが表示されています。

画像も動画もファイル数が減っているのに、一つだけファイル数が減っていないものがありました。

「最近削除した項目」が大量に残っています。

ここにあるファイルは30日が経過すると完全に削除されるのですが、MacBook Proにファイルを移した時に一気にiPhone内のファイルを削除したので、その全てが「最近削除した項目」に残っていました。

要するに、ここに削除したファイルがいっぱい溜まっていたので、空き容量があまり増えなかったということですね。

よく考えたら、パソコンだってゴミ箱にファイルを入れても完全に削除されたわけではありません。これと同じですね。

「最近削除した項目」内のファイルをすべて削除するとようやく空き容量が思ったように増えました。

基本的な操作の部類に入りますけど、案外わかっていないものですね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です