iPhone 6s を買ったぞ!と全く旬でもないこの時期なのだが、遅ればせながらの感想。

スポンサーリンク
記事上広告
iPhone6s

iPhone7が秋頃出るとか出ないとか話がありますが、先日iPhone6sに機種変しました。

iPhone5を3年半くらい使っていたのでそろそろ替え時かなと。しかも充電ケーブルが断線して充電できなくなって困りかけていたので、新しいケーブルを買うか、それとも機種変するかということになりました。

本当はiPhoneSEにしようかと思っていたのですが、品薄ということですぐには手元に入りそうになく、それまでiPhone5のバッテリーがもたないので、iPhone6sに機種変したという運びとなりました。

機能や仕様の変化とかいちいち追いかけていなかったので、今更ながら驚かされることがありますね。

iPhone5に比べてとちょっとだけサイズが大きくなってますが、私が使うには気にならないレベル。ただズボンのポケットに気軽に入れるにはちょっと無理かなというところが不便になった点かな。結構乱暴に扱っちゃう人間なので、バキッとしなように気をつけます。

特徴的なのはやっぱり3D Touchですかね?おお!とは思うのですよ。ツイッターなどのアプリを強く長押しすると、入力画面が出たりして状況によってはとても便利だなと思います。ですが、今までの使い方に慣れてしまっているので、今のところこの機能は活躍していませんw

びっくりしたのはiPhoneの指紋認証である「Touch ID」ですね。第2世代になってるとか。普段、ロックせずに使っていたので、不要な機能かなと思っていたのですが、登録して使ってみてビックリ。こんなに早く反応するのかと驚きました。映画の指紋認証のシーンのように指紋読み取りに応答するような時間があるのかと思ってたのですが、触った途端にロック解除されたので最初は状況が掴めませんでしたよ。ただこれ、寝てる間に誰かに指タッチされたらアウトですね(笑)

あとiMovieのアプリが今はそのまま入ってるんですね。以前から買おうかと思っていたのとても得した気分です。他にはGarageBand、Keynote、Pages、Numbersといったアプリも最初から入ってたのにはビックリしました。Macにも最近は入ってたので、その頃からこうなったのでしょうかね。このアプリ群が入ってたのはマジで機種変してよかったところです。

そういえば、iPhone6sは搭載するA9チップの製造元の違いよってバッテリーの持ちに差があるという話題が一時期ありましたね。気になったので調べてみました。

サムスン製とTSMC製があり、サムスン製の方がバッテリー消費が激しいというものでした。簡単に言うと配線の構造に多少違いがあるみたいで、サムスン製の方が細いために配線に負荷がかかり熱が発生することで電力を消費するというような感じの説明をどこかでみました。

チップの型番がサムスン製ならばN71AP、TSMC製ならばN71mAPとなっているのが違いのようです。

さて、私のはどちらのものなのでしょう?無料のLrum Device Info LiteなどのアプリをAppStoreからダウンロードして見るだけでわかるようです。

私のはこうなりました。

リラム・デバイス表示

(アップデートがあったのか、他のサイトで紹介されているアプリの表示と違いますね。)

N71mAPと表示されているのでTSMC製ということになり、ネット上の言い方?では「アタリ」ということになりました。なんだか得した気分です。

ついでにシリアルコードから製造元を調べて見たら「Pegatron(Protek) 上海,中国」ということでした。

ということで今のところiPhone6sは満足。負荷がかかった時なのか、稀に画面がプルプル揺れてバグっぽい動きをすることがあると感じるのですが、スリープしたりすれば元に戻るのでこれはちょっと様子です。

iPhone6sとは直接関係ないのですが、いまだにHandoffの機能を使ってMacBook Proとペアリングが上手くいかないんですよね。iCloudにログインしなおすとかネットで書かれてることをやってみるのですがさっぱり。セキュリティソフトなどがネットワーク環境に影響しているのかなぁ。

ちなみにSoftbankのオンラインショップから機種変しました。そのレビュー的なものもやろうかと思ったのですが、操作画面の違いやちょっとした躓きがありましたがホームページに掲載されているやり方そのままでしたのでこれは省略かな?(笑)

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です