安倍総理のフィリピン訪問ではっきりわかった。日本が本当に大切にすべき相手(国)はどこなのかがわかる基準。

スポンサーリンク
記事上広告

安倍総理が東南アジアの外遊から帰ってきました。地上波のニュースではあまり触れられませんが、フィリピンのダバオ訪問での住民の歓迎ムードは本当に凄いと感じます。

まだ見ていないというのであれば、以下の動画をご覧になってください。

この動画を見て、フィリピンの人たちに親しみと感謝を覚えた人は多いのではないでしょうか。

ダバオは日本もかなり前から援助をしている地域なので、日本に親しみを持ってるという土壌があるのも確かですが、一応フィリピンとも戦前は日本との辛い関係もあった地です。

もちろん、その視点で日本にとって悪い印象を持っている地域もあると思います。でも、今はどんな両国の関係をこれから築きたいのか、どう進んで行くべきなのかと考えた時、こんな盛大な歓迎をしてくれるのがフィリピンということになりますね。

このフィリピンの盛大な歓迎ムードを見ていると、どう思いましたか?

私はこう思いました。

「フィリピンの発展に日本はもっともっと協力してあげるべきだろう」

もちろん、フィリピンは今、高い経済成長をしていますから、以前のような援助とは違った形が必要なのだとは思いますが、あんなに歓迎してくれる国なら、強い信頼を置いて付き合おうかという気になるのが人間というものですよね。あの歓迎には感謝だけでなく、尊敬の念も湧いてきます。素敵な人たちだなと感じますよ。この感覚が親しく付き合う時の判断基準になるのではないかと思います。

さて、お隣の半島の国、韓国はどうでしょう。

両国の親善と交流を深めるとか未来思考とか長年言いながら、彼の国を訪問してフィリピンのようなあんな大歓迎を受けた日本の政治家がこれまでいたのでしょうか?

総理大臣をあんなに盛大な歓迎ムードで迎えてくれる国と、歴史認識ばかり言うばかりで、デタラメな慰安婦像をウィーン条約に違反するにもかかわらず大使館前に設置し毎週のように集会をし、しかも慰安婦合意で不可逆的な解決をしようと国民から批判を受けながらも妥協点を見つけて誠実に履行してきたにもかかわらず、新たに領事館前にデタラメ慰安婦像を設置する国とどちらが共に協力して行かなければならない国かは一目瞭然ではないでしょうか。

話の通じない国と協力なんてできるわけがない。

半島の国、さらにはそれにくっついている大陸の国なんぞ、まともに付き合うだけ無駄ですよ。まあ、大陸の方は独裁政党だけが問題だろうとは思いますけどね。

それにしても、韓国という国には本当にガッカリしています。歴史な被害というものがあるとしても、戦争もしていないし日本との関係で最も被害を受けていないのではないのと思えてもきます。受けた害という割に要求がデカ過ぎるとも感じます。

でも、かつては韓国はもっと立派な国だと思ってたんですよ、個人的には。

昔、なぜか地域の親善でたまたま韓国に行く機会がありました。地方の都市でしたけども。まだ経済成長途上といったところで、観光バスもリムジンバスなんて無い時代でした。街並みは日本の田舎くらいかなという感じのイメージでした。

でも、そこでの歓迎が凄かった。びっくりするくらいの歓迎を受けました。今回の安倍総理のフィリピン訪問に匹敵するといってもいいくらい、私の心は打たれるものがありました。

もちろん、歴史的な問題があるのもわかっています。でも、それはそれ。親善として歓迎すべき時は精一杯する、そういう節度を持った国。そんな印象をそのとき持ちました。

逆に、日本は海外の人をあそこまで地域全体で歓迎するようなことはしていないだろうなと思い、自分の住む地域の国際親善への熱の無さを感じたものです。

だから韓国には、経済発展してほしいと思いましたし、日本もそれに協力して戦前とは違う関係をこれから作ればいい。そんな風に思いましたよ。

その数年後、韓国経済は発展し、一部の産業で日本が抜かれるというデータなども出てきました。日本が抜かれること自体はちょっと悲しい気もしましたが、それ以上に、「これで韓国も援助の必要のないりっぱな国になって行くんだろうな」と思ったものです。そして、やっとこれから前向きな日韓関係になるのだろうなと本気で思いましたよ。当時は近くて遠い国とか言われていましたからね。

で、時は流れ、今の状況。

私の抱いたあの思いを返して欲しい、ゼロにしてほしいと思いたいくらいです。なんか、色々考えて損したなってセコい思いも出てきます。実際、韓国経済の発展で、私の住む地域経済は直撃を受けもしました。それでもまあ仕方ないことだろうとも思っていたのですけども、かの国はあの有様。外交プロトコルも守れない国。そういえば、以前、日本の総理大臣の親書を郵送で送り返してくるという非礼なこともされましたね。

そんな国に、天皇陛下が訪問することができるでしょうか?

昔見た歓迎の姿勢は、微塵も感じない国。通貨スワップも必用ないっていってるのだから、もうヤメヤメ!

最近、あの国の話題には、気持ち悪さしか感じません。マジで自分の顔が歪むのがわかります。日本に理解のある韓国人のブロガーが、向こうのおかしさやダメさを書いている記事を読んでも、なんか気分が悪くなるばかり。日本で本も出していて、とても勉強にもなるのですが、そんな方がなんだか気の毒にも思えてきます。

もう何も期待しませんって感じです。

残して欲しいものといえば一つだけ。元KARAのスンヨンだけいれば、あの国話題は個人的には十分です。他は何も必要性を感じません。

なんかため息しか出ないんですよね。こうやって書いていても眉間にシワが寄ってきます。

そういえば、トランプやドゥテルテを暴言政治家と論評する日本のマスコミですが、韓国の政治家の発言のほうが、よっぽど暴言だと思うのですがね。

本当にフィリピンでの安倍総理の歓迎ムードを見て、日本が大切にすべき国とはどういう国なのかが本当によくわかりましたよ。良い指標です。日本はこれまで力を入れて援助をする国を間違えましたね。まあ、まだ間に合うと思うので、違う国をしっかり協力していきましょう。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です