iCloudストレージがいっぱいです。ってiPhoneの表示はいったい何なのだ?

スポンサーリンク
記事上広告
動画を見て驚く

iPhone(私の機種はiPhone5)で撮影した動画をトリミングなどの編集をしていたら、どのタイミングだったか忘れましたが削除などしようとしたら、「iCloudストレージがいっぱいです。」という表示が出た。

こんな感じで。

iCloudストレージがいっぱいです。

以前は出ていなかったのですが、iCloudの容量がいっぱいになっているということなのだろうということは理解できる。

だが、容量を確認すると、まだ2Gくらいは残っている感じ。どういう理由なのかわからない。iPhoneのバックアップをiCloudに置いているので、その作業の時に空容量が必要とかいう話なのだろうかな?

動画のトリミングが1回しかできなくなっていたことと関係があるのだろうか?

そこでiPhoneをいろいろ操作してみた。

とりあえずの結論としては、「iCloudフォトライブラリー」をオフにすると「iCloudストレージがいっぱいです。」という表示は出なくなりました。

あと、動画のトリミングが1回しかできなくなったという状態も回復して、複数回トリミングを重ねることもできるようになりました。

「iCloudフォトライブラリー」をオフにすることでできなくなることも当然あるのですが、私の利用状況では問題ないのでこの使い方で落ち着くことにします。もちろんiCloudのストレージ容量を有料で増やすということがそれまでの設定そのままで使えるということなのでしょうけどね。

こんなんでよろしかったら一つの解決方法としてどうぞ。

間違ってたら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です