iBooksの自動夜間モードにビックリする。いや、以前から常識みたいです。

スポンサーリンク
記事上広告
夜間のスマホ

夜、電気を消してベッドに寝転がってiPhoneのiBooksで電子書籍を読もうとしてビックリしました。

いつもの見慣れた表示と違う。白地に黒の文字が逆転して、黒字に白の文字で表示されます。

iBooks夜間モード

一瞬見間違いしたのかと思いました。

いつもならこんな風に表示されます。

iBooks通常表示

iPhoneの調子でも悪くなったのかと思ったのですが、どうもそういうモードがあるみたいですね。

夜間モード設定

iPhoneのiBooksの場合は、文字サイズのところをタップすると、フォントの変更などとともに「夜間モード」を設定する項目があります。

私は明るい方が好きなので、白地に黒の文字のいつもの表示の方が好きですね。

ただ、やはり暗闇の中では夜間モードの方が目には優しい感じ。こちらの方が目が疲れない感じはします。

Kindleやkoboのアプリも文字色を反転する機能はあるみたいですね。

調べてみると、かなり昔からある機能のようです。

iPhoneの機能について、知らないことってまだまだありそうです。

そういえばiOS 9.3から、画面から出る「ブルーライト」を低減させるという「Night Shift」というモードが搭載されていますね。こちらも目の負担軽減になるみたいなのですけど、今まで使ったことがありません。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です