Macでモニター画面のスクリーンショットを撮る方法。プリントスクリーンキーを無駄に探すのはやめてWinユーザー卒業だ!

スポンサーリンク
記事上広告
macスクリーン

パソコンの画面をキャプチャーして画像として保存したい!

そう思ってprintscreenキーを探すと、そんなキーが見当たらない無いのがMacBookである。

これもちょっとMac初心者としては慌ててしまう。(いや、そんなに慌ててるわけではない。WindowsとMacとの違いに直面する瞬間なだけだ)

プリントスクリーンっていう言い方は一般的では無いのかな?Macではスクリーンショットらしい。

Macにはスクリーンショットの機能がある単独キーがどこかにあるわけではないようだ。

そんなことがわからないまま、何かそれらしい印が書いてあるF4キーなどを押してみて、Launchpadが起動してしまうという元Windowsユーザーなのである。

ということで、Macでのスクリーンショットの撮り方をメモしておくのですが、Windowsがprintscreenキーを押したらクリップボードに保存されて画像ソフトなどに貼り付けて使ったりするのに対して、Macはデスクトップ上にPNGファイルとしてすぐに保存されるのが違いですね。

Macでスクリーンショットを撮る方法

Macでのスクリーンショットは画面全体を撮るだけでなく、範囲を指定して撮ることもできるので便利です。

画面全体のスクリーンショットを撮る方法

「command (⌘) + shift + 3」キーを押します。

スクリーンショット

スクリーンショットのファイルがデスクトップ上に保存されます。

スクリーンショットファイル

シャッター音がするところもなかなかいいですね。

こういうところがMacの真骨頂という感じでしょうか。

画面の一部のスクリーンショットを撮る方法

「command (⌘) + shift + 4」キーを押して、十字ポインタをドラッグして範囲を選択します。

範囲指定でスクリーンショット

「shift + option」または「shift + space」キーを押しながらドラッグすると、選択した領域のサイズを変更できます。(このあたりはすぐ忘れてしまいそうです)

取り消すには、マウスボタンを放す前に「esc」キーを押します。

マウスを離すと、選択した部分の画像が切り取られてデスクトップ上に保存されます。

スクリーンショット切り取り

最初はちょっと操作に慣れるのに指がつりそうになりますね。(どういう指の使い方をしてるのだ?)

でも、Windowsよりもファイルがすぐに保存されるので扱いやすいですし、撮影時にカシャっと鳴るので操作が楽しいですわ。

必要以上にカシャカシャとカメラマン気取りで音を鳴らして遊んでしまい、デスクトップがファイルだらけになってしまうこともあります。

ファイルで溢れるデスクトップ

すみません。嘘をつきました。

これはわざとですm(_ _)m

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です