Macで鳴ってる音声をそのまま録音する方法は?QuickTimeとSoundflowerでOK

スポンサーリンク
記事上広告

ネットのストリーミングや動画など、ファイルとしてダウンロードできない音声をちょっと保存しておきたいと思うことはあると思います。QuickTime Playerを使って、Macのスピーカーから流れてる音をマイクで拾って録音するという力技もありますけど、外部の音も拾ってしまうのでちょっとこちらは喋ったり音を立てたりしていたらそれも録音されてしまいます。音質も悪い。

PCから流れる音声のみをそのまま録音できないかと思ったのですが、Macにデフォルトで入ってるアプリのみではちょっと無理みたい。

そこで無料のSoundflowerというアプリを入れたらQuickTime Playerで録音できるということなので早速試してみました。

Soundflowerをインストール

まず、Soundflowerをダウンロードしてインストールします。

こちらのサイトにアクセスします。

https://github.com/mattingalls/Soundflower/releases

ここからSoundflowerのdmgファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをクリックしてpkgを実行するだけ。インストールは簡単ですね。これでMacで録音できる環境はできました。

QuickTime Playerで録音できるようにする

ではQuickTime Playerを使って録音してみましょう。

まず「システム環境設定」から「サウンド」を選択します。

サウンドの出力を変更します。

デフォルトでは「内部スピーカー」だけ表示されると思いますが、Soundflowerをインストールすると選択肢が増えます。ここではSoundflower(2ch)を選択します。

QuickTime Playerを起動します。

録音するために「ファイル」メニューから「新規オーディオ収録」をクリックして、「オーディオ収録」を表示させます。

録音ボタンの右横にある下矢印(V型の印)をクリックして、マイクでSoundflower(2ch)を選択します。品質はどちらでもいいでしょう。

これで準備OKです。

あとは目的のWebサイトなどから音声を再生して、QuickTime Playerの録音ボタンを押すだけです。録音中はMacの本体からの音自体は流れないので注意してください。

録音が終わったら、「システム環境」の「サウンド」を「内部スピーカー」に戻すのを忘れないでください。

QuickTime Playerで録音したファイルの再生ボタンを押すと、音声が流れるはずです。ファイルメニューから録音したファイルを保存して終了となります。

最後に

あとは音声をトリミングしたり、編集したり、ファイル形式を変換したりとお好みの形にして利用しましょう。

私は特に凝りはないので、音声の前後をトリミングするくらいですね。もっと凝った録音の仕方もあると思いますが、手っ取り早く行うならこれでOKですね。音声を聴きながら録音したい人は別のやり方を探してみてください。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です