iPhoneのアプリアイコンが一つ消えた!慌てずこれで簡単復活!

スポンサーリンク
記事上広告
iPhone

iPhoneの画面からちょっと目を離してタッチしていたら、アイコンが重なってしまい要らないフォルダが出来てアプリがまとまってしまった。

元に戻そうとアイコンを長押ししてフォルダからアプリのアイコンを取り出した。

これでよし!

そう思ってiPhoneの画面を見ると、アイコンが一つ消えている!

iPhone画面

アイコンを長押しした際に、何かアプリを削除してしまったのか。まあ、またダウンロードすればいい。ただ、何かデータ入力したようなアプリだと困るな。

そんなことを思ってiPhoneの画面を調べてみると、DLしたアプリはどうも削除されていないようだ。App StoreでDLしたアプリならば再DLできるので問題ないのだが。

画面を眺めること数分。

デフォルトで入ってるお天気アプリのアイコンが無い!

デフォルトのアプリは長押しして×印がつかないのでアプリを削除なんかできないはず。

いったいなんなのだ?

そこでiPhoneの画面上側から下にスワイプしてみると、きちんとお天気が表示されている。

アプリ自体が消えたわけでは無いようです。

どこか違う場所にアイコンが飛んでいったのかと思ってスワイプして探してみても移動してるわけでも無く見つからない。

設定画面からアプリの表示項目などかあるのかどうか、あらゆる項目を見て回るもそんな操作をするところは見つから無い。

どこへ行った?お天気アプリアイコン!

格闘すること30分。ようやく復活させることに成功しました。

では何をしたのか?

iPhoneのデフォルトアプリが消えた時に復活させる方法

たったこれだけです。

iPhone再起動!

やっぱりわけがわからないことが起こった時の再起動って基本中の基本ですね。

<関連記事>

iPhoneの標準アプリのアイコンが消えた謎は、無意識に裏技発動してたのが原因!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です