iPhoneで「」(カギカッコ)の文字入力のやり方はどうしてる?

スポンサーリンク
記事上広告
iPhone入力操作

それまでのやり方が習慣になりすぎていて、新しい方法が出ていてもそれと気づかず従来のやり方を続けているということってありますよね。

iPhoneの文字入力でも、「そうなってたのか!」と気づいていなかった方法がありました。

あなたは「」(カギカッコ)の入力をiPhoneでどうやっていますか?

iPhoneで「」(カギカッコ)を入力する方法

パソコンではキーボードに表示されていますから、日本語入力モードになっていればキーをそのまま押せばいい。

でもiPhoneとなるとちょっと一手間必要になります。キーボード表示の日本語ローマ字で数値入力に切り替えれば「」は表示されますが、そういう操作で入力している人はほとんどいないでしょう。フリックでも英字キーボードに切り替えて「7」の入力項目で「」を探すことはできますが、この切り替えが一手間。

そこでこれまではどうしていたか。

フリック入力で「かっこ」と 入力して変換候補の中から「」を選ぶという操作をしていました。

かっこ

この「」を選ぶと入力されるわけですが、中に文字を入れ込むのにカーソルを移動させてやらないといけないというちょっとした面倒くささがあります。

ですが、もっと簡単な方法がありました。

フリック入力の日本語の中に「」が割り当てられていて、「や」行を入力しようとすると左右に「」が現れるんですね。

7でかっこ

日本語で文章を入力するのに、切り替え操作が無くなっていたは便利ですね。

どうもiOS8からできるようになっていたようです。思い返せば入力表示デザインなどの感覚がちょっと変わったなくらいは思っていたのですが、今はiOS9であることを考えるとどれだけ気がついてなかったのかという思いです。

恐るべし!習慣の力!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です