Mac OS X のFinderで「マイファイル」の表示を非表示にする方法

スポンサーリンク
記事上広告
El Capitan

MacBook Proを使い始めて3年目に入りましたが、Finderを使った時に気になるというか、ちょっと嫌な表示でもあるなと思うようになりました。

それはFinderを開いた時に「マイファイル」が開かれて、いろんなファイルがズラズラと表示されることです。

こんな感じ。

Finder画面

ちょっと嫌なんですよね。あまり使う可能性がないなと思うファイルも表示されるので。考えようによっては便利な機能ではあるのですけど。

この「マイファイル」を非表示にする方法をまとめてみました。

Finderの環境設定を使えばOK

「マイファイル」の表示はFinderの環境設定を変更することで非表示にすることができます。

とても簡単です。

サイドバーから「マイファイル」の表示を消す

まず、Finderの環境設定を開きます。

チェックを外す

「サイドバーに表示する項目」の「マイファイル」の横のチェックマークを外します。

再度、Finderを起動し直ます。

マイファイル表示

これでサイドバーにある「マイファイル」の表示は消えました。

しかし、ファイル表示は変わっていません。どちらかというとこちらを表示させたくないわけです。

ですので、もう一つ設定が必要です。

新規Finderウインドウで表示する項目を変更する

再度、Finderの環境設定を開きます。

Finderの環境設定

今度は「一般」のタブをクリックし、「新規Finderウインドウで次を表示」の項目をクリックします。

すると次のような表示になります。

ファインダー環境設定変更

「マイファイル」にチェックが入っているので、これを別の項目にチェックを変更します。

今回はデスクトップに変更してみます。

再度、Finderを起動しなします。

デスクトップ表示

デスクトップが最初に表示され、マイファイルの一覧は表示されなくなりました。

まとめ

MacのFinderの表示は環境設定を変更することで簡単にできました。サイドバーからは消さなくても良かったかもしれません。あなたのMac、お好みの表示に項目を変更してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です