天才卓球少女は天才のまま結婚へ

スポンサーリンク
記事上広告
Table, Tennis

卓球の福原愛選手が結婚報告の記者会見を行ったようですね。テレビのニュースでやっていました。

結婚自体のニュースは何週間か前に報道されていましたが、今日あらためて記者会見。明日だったか、結婚相手の国の台湾でも記者会見を行うようです。

天才卓球少女と言われていた小さな泣き虫女の子が、いつの間にか大きくなって結婚する年齢にまでなっているというのは時間の流れの速さを感じますね。

それ以上に感じることは、

「やっぱりすごいな」

ということです。

どうすごいのか?

福原愛選手が泣き虫愛ちゃんでテレビに出てた頃って何歳だったでしょう?テレビでよく普段の卓球生活の中での泣き虫っぷりを報道されていたわけですが、バラエティー番組にもよく出演していましたね。

芸能人と卓球対決をして、まだ小さいですから、ポイントを取られちゃったりするわけです。また、とんねるずの番組だったでしょうか、それとも明石家さんまの番組だったでしょうか、卓球対決のコーナーがあったりするわけです。

そのゲームの途中で、愛ちゃんがよそ見をしている(よそ見をさせている)瞬間に、お約束の反則サーブでポイントを獲得するという汚い大人のやり方に、これもまたお約束のように愛ちゃんが悔しがって泣いてしまうというシーンを何度も見てきました。

そんな小さな頃から天才卓球少女と呼ばれていたわけです。

世の中には天才○○少年、天才○○少女と言われる子供って結構いると思うのです。そんな子供にスポットを当てたテレビ番組の特集もあったりしましたよね。

でも、その天才たち。大人になってもトップで活躍しているかというと、そんなにいないような気がします。

その点、福原愛選手はすごいなと思うわけです。バラエティー番組であれだけ話題になりましたが、その時だけで終わることなく、小学校、中学校、高校っと成長しても常に活躍するニュースが流れていましたよね。

そして社会人になっても、レベルの違いに対応してトップ選手として活躍して、これからも期待されているわけです。

こんなに息の長い活躍ってなかなか無いと思うのです。

皆さんも、小さい頃、愛ちゃんのようなあれほどの活躍では無いにしても、そこそこやれているなっていう時代ってあったと思います。大人になるにつれて、どうなったでしょうか?

自分の人生を振り返って、「なんだろなぁ」と思ってしまうこともしばしばです。

福原選手の話題を見ていて、ちょっと今更だけども、まだ自分は頑張ることってできるかな?と頭をよぎるのでした。

ずっと天才でいる努力。私も遅まきながら、ちょっとだけでも頑張ってみよう。そんな思いです。(今日だけかもしれませんがw)

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です