山尾議員離党にみる民進党の新代表前原氏がリーダーとして無能な理由

スポンサーリンク
記事上広告
不倫

ガソリーヌ婦人こと民進党の山尾志桜里議員が週刊文春で妻子ある男性弁護士との不倫疑惑を報道されて世の中は賑わっています。

他党の議員の不倫問題に関して舌鋒鋭く批判していた人だけに、こういう疑惑が出てきて大批判を浴びるのは当然のことでしょう。なんかもう民進党はブーメランしかやることがないのだろうか?

コトの流れは週刊誌やネットにたくさん流れているのでここでは触れませんので、他を当たっていただくとして、今回の対応で民進党の新代表の前原氏は本当に無能だなと感じました。

一応、山尾氏は不倫を否定しています。(怪しいのですけども)

山尾氏は今回の報道が出るまでは民進党の幹事長に内定していました。内定前も男女の噂があって問題ないのか前原氏と話があったそうですが、そこでもそんなことは無いということで幹事長内定となっていたようです。

ですが、この報道による騒動で山尾幹事長という内定を取り消し。幹事長は別の人となりました。

まあ、そこまでは仕方ないかもしれません。ですが、今は離党ということになっています。案では議員辞職まであったそうで、近く行われる補欠選挙などへの影響を考えて離党というところで落ち着いたということのようです。

不倫はしてないんでしょ?

なんで離党したり、議員辞職まで考えたりしないといけないの?

無実なんでしょ?

前原氏は、無実の人間を処分したということになりますよね。普通、組織のリーダーというものは、部下を守らないといけない立場でしょう。もちろん問題があるのなら追求しなくてはいけませんが、本人が「やっていない」といっているわけですから、それなら前原氏は全力で部下を守らないといけない。

でも、切り捨てた。幹事長内定取り消しまでならまだしも、離党までさせる。これは組織としてやりすぎです。自分の身を守ってくれない上司に誰がついていくのでしょうか?

前原氏はリーダーとして失格。それがよくわかるできごとでした。

まあ、報道を見ている限り怪しいとしか思えませんけどね。

今回の出来事で、国際政治学者の三浦瑠璃さんがツイッターで今回の山尾氏を「不倫と政治の能力は関係無い。この報道に絡む動きはいじめだ」というようなことを言って擁護していますが、その通りだと言いたい面もありますが、山尾氏のこれまでの発言(自民党宮崎議員への批判)からすれば仕方ない面もある。三浦さんが自民党宮崎議員の時にどういうスタンスだったのかで、この評価は変わりますね。

それにしても、朝鮮半島で武力衝突や核ミサイル発射など不穏な動きを感じざるを得ない時代なのに、森友だの加計だので大騒ぎして、今度は不倫ですよ。

戦争とか安全保障とか憲法はこのままでいいのかとかもっと真剣な話をして欲しいですわ。

あ、前原代表は安保法制は違憲だから廃止してやり直すとか言ってましたね。こりゃダメだ。

民進党の葬式をそろそろ出した方がいいですよ。日本のためにも。

それにしても今回の不倫疑惑報道で、テレビのコメンテーターのダブルスタンダートな発言には呆れてしまいますよ。→室井佑月 2月 不倫疑惑の自民・宮崎議員には「税金で給与もらってるのに不倫!」「清原容疑者よりむかつく!」→山尾議員の不倫には「仕事が出来るなら下半身事情は問題ない!」~ネットの反応「パヨクは常にダブルスタンダード」

そんなことよりも、民進党前原の経済政策のダメさ加減ももっと問題にすべきかもね。あ、民進党だけでなく、自民党内の増税好きな人たちにも言えるけども。

なんか消費税増税を声高に叫ぶ勢力(国会議員、学者、財務省)の動きって、この本を読んでると戦前の統制派の動きに似てるような気がするんだよなぁ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です