「鋼の錬金術師」実写化マジだった!

スポンサーリンク
記事上広告
鋼の錬金術師

ハガレンの実写化!マジだった!

24日、全世界累計発行部数7,000万部を突破する荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」が、Hey! Say! JUMP の山田涼介主演で実写映画化されることが正式発表された。『ピンポン』の曽利文彦が監督を務め、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子ら豪華キャストが出演。イタリアで本格的なロケを敢行し、ワーナー・ブラザース配給で2017年冬の公開を目指す。

引用元:シネマトゥデイ  鋼の錬金術師」山田涼介主演で実写化!本田翼、ディーン、松雪泰子ら豪華キャスト発表!

誰もが思っていることでしょうが、実写化による作品世界の崩壊の懸念。これもどうなってしまうのか気になるところです。

ただ「寄生獣」なんかは個人的にはよくできてたなと感じたので、不安を抱えつつも最近のものはそんなに悲観的にならなくてもいいかもしれません。

個人的に「鋼の錬金術師」は本当に好きな作品なので、厳しい目で見たくはなるのですが、配役を見てると結構面白そうにも感じますね。

ロイ・マスタングのディーン・フジオカや、ホムンクルスのラストを松雪泰子ってかなり似合ってると思います。

ヒューズ中佐の佐藤隆太や、タッカーの大泉洋は原作とはイメージがちょっと違うかなとは思いつつも上手い配役で面白そうな気がします。

ホークアイ中尉役に蓮佛美沙子、ロス少尉役に夏菜。このあたりは「ほぅ、そうきたか」って感じ。

極めつけは、グラトニーの内山信二(笑)。これはハマってるかもしれない。

ただ、どうあれこういう長編の物語は2時間の映画ではなかなか作品の良さが全部収まらないので、そのあたりだけは作品がどうなろうと懸念はありますね。

なんなら、ドラマで毎週やって欲しいくらいなのですが。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です