エックスサーバーの独自SSLが無料になって標準機能になった!

スポンサーリンク
記事上広告
IT

おそらくリーズナブルなレンタルサーバーの中で一番と言っていいほどの評価を受けているのがエックスサーバーでしょう。

かなりのアクセスがあってもサーバーは安定していて、普通の使い方ならば何も心配することはないくらいの高機能で高速なサーバーです。

そのエックスサーバーの独自SSLが無料になって標準機能になりました。しかも無制限。これは時代にあったアップデートですね。



これまでは共用SSLがありましたが、独自SSLは費用や手続きが面倒でなかなか導入に踏み切れなかった人も多かったはず。それが管理画面からワンタッチで設定できます。

お問い合わせフォームやブログのコメント欄などで情報を入力する機会が増えた今のインターネット環境では、WebサイトへのSSL暗号化通信の導入が望まれるています。

また、検索エンジンのGoogleはWebサイトがSSL暗号化通信に対応しているかどうかが検索順位の評価対象になるなど、WebサイトのSSL化はとても重要になっています。

そんな状況の中でのこの独自SSL無料化は、対応を考えていた人にとっては朗報でしょう。

他社のレンタルサーバーもこの動きはあるようですが、エックスサーバーは本当に早い。サーバーも早いが対応も早い。PHPのバージョン7への対応も早かったですからね。とても信頼の置けるレンタルサーバーだと思います。

さて、このSSL化ですが、既存のサイトを対応させるには結構気をつけないといけない。内部リンクなどの記述が変わってしまいますからね。ここは慎重にやらないといけません。

私はこれから作るWebサイトはSSL化していこうと思いますが、既存のサイト(このサイト)はもうちょっと様子を見てからにしようと思います。(面倒くさがりなのでw)

エックスサーバーはこれからサイトを作る人にはオススメのレンタルサーバーです。検討に値するサーバーだと思いますよ。

http://www.xserver.ne.jp/

(追記)

わいひらさんの寝ログにエックスサーバ環境でのWordPressのSSL化の手順がまとめてありましたので、エックスサーバーを利用してる方は参考になさるといいですよ。

寝ログ:WordPressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です