中村俊輔のフリーキックは今でも日本代表で使って欲しいほど魅力的!

スポンサーリンク
記事上広告
サッカーボール

横浜F・マリノスの中村俊輔が蹴るフリーキックほどゴールを期待してしまうものはないです。

横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔が、今季2点目をまたも鮮烈なFKで決めた。J1ファーストステージ第5節の敵地G大阪戦の前半40分に同点ゴールを決め、自らが持つJ1での直接FKでのゴール記録を「22」に更新した。

引用元:Soccer Magazine ZONE web 俊輔が“伝説の一撃”を彷彿とさせる衝撃のFK弾! J1最多記録を「22」に伸ばす

セルティック時代の「伝説の一撃を彷彿をさせる」とありますけど、中村俊輔のFKは一発の伝説で語られるような希少なものではなくて、J1での直接FKゴール記録が「22」に更新されたというように、数多くのキックが伝説級ではないでしょうかね。

それほど彼のフリーキックはゴールの可能性という面からして本当にワクワクするし、ここで決めてくれるのではないかという思いを常に持たせてくれます。

痺れますよ。

できることなら日本代表のFKのキッカーとして戻って欲しいととも思ってしまいます。

最近、日本代表は誰がFKを蹴っているのかな?

最近、細かく見ることがなくなったので気にしていないのですが、個人的には本田圭佑のフリーキックははっきり言ってガッカリすることが過去に多かったんですよね。

確かにワールドカップ南アフリカ大会でのFKなど強烈な印象を残しているプレーもたくさんあるのですが、それ以上に相手チームの壁にぶつけてしまうことの印象の方を私は強く持っています。

他の選手に蹴って欲しいと思うこともしばしば。

ゴールを狙う意気込みは評価しますけど、本当に壁に当たる印象が強いです。

壁に当たったら入るわけないですし。

それならセットプレーとかトリックプレーで相手をかき回してくれないかなと思うことがよくありました。

でも時々大切な場面でゴールに入るからニュースになる。このあたりは本田選手のスター性というところなのでしょうけど、見ていて期待はしていないことの方が多いです。(ファンの方ごめんなさい)

以前、ゴールキーパーの取りにくい振れ球が流行ったと思いますが、ボールがどんな軌道を描こうとどうでもいい。ゴールの枠に行ってくれないと得点の可能性がないですからね。

そういう意味で、中村俊輔のフリーキックって毎回ゴールを期待して見てしまうんですよね。どこか、狭いコースを狙ってくれる。入らなくても「惜しかったな」と思わせてくれるプロフェショナルなプレーだと思っています。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です