有効期限の迫る楽天ポイントの使い方(私の場合は楽天kobo)

スポンサーリンク
記事上広告
電子書籍を読む

有効期限の迫っている楽天ポイントはどうしてますか?

私は楽天koboを使って電子書籍を買うことで有効利用しています。

どういうわけか、結構使うことが多くなりましたよ。

楽天kobo

最初はバカにしていた楽天kobo

楽天koboが発表された時、かなりバカにしていた記憶があります。ネットでも話題になっていたような気がしますね。

書籍数が少ないとか、リーダー端末がダサいとか、そんな声があったと思います。

それに、AmazonのKindleの存在感が大きかったのもありますよね。

それに紙の本の方が好きな私にとっては、電子書籍って使うことはあまりないだろうと思っていたのです。たとえ使うとしてもKindleかなと思っていました。

有効期限の迫った楽天ポイントの消化に利用

楽天で商品を購入すると、楽天ポイントが付与されます。

あまり楽天を利用しなくても、キャンペーンなどで買い物したりするとポイントが上乗せされたりして、そこそこなポイント数になったりするんですよね。

せっかくだからと、楽天koboの電子書籍をそのポイントで購入したのが始まりでした。

ちなみにリーダーは端末ではなく、iPhoneやMacのデスクトップアプリを使って読んでいます。

一度こうやってポイント消化で使うようになったら、どんどん使うようになってしまいした。

Kindleは10冊程度なのですが、楽天koboは34冊にいつの間にかなってしまっています。

工夫すれば毎月1冊くらいは無料で読める?

楽天koboはポイントが20倍ついたり、2ヶ月連続して購入すると100円引きのクーポンが発行されたり、楽天のセールなどでのポイントくじなどを引くとこれまたそれなりのポイントがついたり、楽天ツールバーを使って検索すると山分けポイントがもらえたりと、そうこうしていると毎月安い新書レベルの電子書籍が購入できるくらいのポイントになってしまっているんですよね。

すっかり楽天の術中にはまってしまっている私なのでありました。

ですが、楽天koboの電子書籍についてはこれまで一度もお金を払って購入したことはありません。全て楽天ポイント消化で買っています。

高い本は無理ですけど、ちょっとした本で情報集めという点で役立っています。

最近、kindleも楽天も毎月定額の読み放題サービスを始めましたが、今のところ私は利用する予定はありません。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です