もし与党が消費増税の予定を延期したら、凍結を主張した野党は賛成するのか?今後とても疑問になることである。

スポンサーリンク
記事上広告

今回の衆議院選挙での公約は、自民党は消費税を予定通りあげることを前提として、その使い道を教育投資に回そうということのようです。

一方で、野党は消費税の凍結を主張しています。

さて、世論調査では自民党が有利という話が出ています。アンダードッグ効果が出て、事前予測よりも与党の議席が伸びないとしても、まあ、政権交代の可能性は無いでしょう。それを前提に、今後どうなるのかを予測してみます。

安倍政権が継続ということで、さて、自民党が法律の予定通りに消費税をあげることになったとしましょう。

野党はこの消費税の10%への引き上げに公約通り反対するのでしょうか?凍結を訴えるのでしょうか。安保法案や特定秘密法案の時のように、プラカードを掲げたり、委員長に採決をさせないように体を張るようなことをみせるのでしょうか。

あのクイズ王は委員長に向かってジャンピングボディプレスを食らわせて消費税の増税を阻止するのでしょうか。

私はやらないと思いますね。反対の声は出すのでしょうけど、命がけで国民の生活を守ろうとはしないでしょう。

これに関しては法律ですでに決まってることなので、是非とも野党には体を張って増税阻止をして欲しいものです。

また、逆にですよ。安倍総理が、増税の判断の時期になって、「今、日本経済を失速させるためにはいかない!」と考えて、三たびの消費増税をストップさせたとしましょう。

この時、野党はどんな動きをするのか見モノですよ。

野党は消費税凍結をこの選挙で主張しています。

それを安倍総理が実行しようということになったら、野党は当然賛成するのですよね。まさか、与党に対して公約と違うじゃ無いかと主張したりはしないでしょうね。

でも、与党が増税スキップをこの先で主張したら、批判しそうなのが野党なんだよなぁ。

この流れはちょっとしっかり見ておきたいですよ。なんでも反対のポンコツ野党なのか、今後監視が必要です。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です