トランプ次期大統領の発言はとりあえず放っておけ!その時考えれば良い。

スポンサーリンク
記事上広告

トランプ米国次期大統領の発言は、しばらく気にしないでおくのが一番いいのでは無いだろうか?米国の利益優先と思われる発言も、細かく考えたら全く意味がないものにも思えます。

トヨタ自動車が米国向けのカローラの工場をメキシコに建設する計画があることに、トランプが注文をつけた。米国に建設しろ、さもないと、高い税率をかけるぞ、ということらしい。

アメリカファーストの観点からすれば、その工場が米国に建設されたならば、米国人を雇用することができるので、言っている意味はわからないでもない。実際、同じような発言にフォードが米国内に戻るという話もあったばかりです。

でも、細かく情報を追っていくと奇妙にも思えます。

トヨタがメキシコに建設する工場は、カナダにあった工場を閉鎖して建設するものだそうです。ということは、米国の雇用環境を特に悪化させるものではない条件ではあります。それにもともと米国内にトヨタは工場もあるので多くの雇用を生み出しているのも確かです。

あと、メキシコに建設したならば、メキシコ人の雇用が生まれる。それならば、トランプが批判しているメキシコからの違法移民を少しは減らせる状況になるのではないかとも思えます。

それに、高率関税をかけるというなら、逆にメキシコも米国からの輸入品に対抗措置として税金をかけることになるはず。そうでないと全く経済活動にフェアな面がなくなってしまいますからね。こっちはかけるけど、そっちはかけちゃダメなんて無茶苦茶な論理です。

それに、日本の自動車メーカーが米国に建設している工場は、日本の雇用を奪ってできたということもできますよね。アメリカファーストはわかる。ならば日本もジャパンファーストでしょう。これまで日本の工場を閉鎖して、現地生産してきた意味をトランプは全く理解していない。日本メーカー、全部日本に戻っておいで〜(笑)

となると、こういう話ってその時々の勢いで出てきている言葉でしかないわけで、本気で悩むだけ無駄なようにも思えるのです。だから、実際にどうする?っていう話が出てくるまでは、何も考える必要は無いと感じます。

米国内でも議会や法律などの対応も必要でしょうからね。

トランプの発言には冷静になった方がいいのでは無いでしょうか。

米軍の日本への駐留経費を日本は50%しか負担していない、100%じゃなぜ無いんだ?という発言もありましたが、識者はこの50%は間違いで75%ほどを負担していると真面目に解説していましたよね。トランプはわかっていない、勉強していないと。

これも、そういう数字、データの意味じゃ無いのだと思います。日本のやる気は半分じゃ無いの?100%の力、覚悟を持ってやってくれって話じゃ無いかと思えてもくるのですよ。

細かい話ができるまで、トランプの発言を本気で相手にしてはいけないのだと感じてますが、いかがでしょうか?

間違ってたら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です