選挙によって投票方法が違うので、無効にならないように気をつけよう!

スポンサーリンク
記事上広告

選挙では同じ投票といっても、衆議院議員選挙と参議院議員選挙とでは投票方法が違います。参議院の時はこう書いたから、衆議院でも同じように書こうというつもりでいたら、その書き方次第では無効票になってしまうかもしれません。

ちょっと投票の違いをまとめておきましょう。

衆議院議員総選挙

衆議院議員総選挙は、小選挙区選挙と比例代表選挙の2つからなります。また最高裁判所裁判官国民審査も同時に行われます。

小選挙区選挙は、全国各地の選挙区ごとに行われ、当選させたい候補者の名前を投票用紙に書きます。

比例代表選挙は、選挙区ブロックごとに行われ、政党名を記入します。

最高裁判所裁判官国民審査は、投票用紙にある辞めさせたい裁判官の名前のところに×印を記入します。

参議院議員通常選挙

参議院議員通常選挙は、選挙区選挙と比例代表選挙からなります。

選挙区選挙は、選挙区ごとに行われ、当選させたい候補者の名前を記入します。

比例代表選挙は、全国単位で行われ、当選させたい候補者名または政党名を記入します。

比例代表の投票に注意

衆議院と参議院では投票方法が違います。特に比例区では参議院は候補者の名前を書いてもいいのですが、同じ感覚で衆議院の比例区の投票を行うと無効票になってしまいます。この違いはしっかり区別しておきましょう。

投票用紙にはいらないことを書くと無効になる可能性もあります。書き間違えて訂正する以外は、余計な文字や絵、メッセージなどは書かないようにしましょう。記憶に頼って書くのもいいですが、記載台に掲示してある候補者や政党名の名前をしっかり見て確認するのがよいでしょう。

選挙は意味がないとか、大義がないとか、中には積極的棄権とかを訴えて署名を集めている言論人がいるようですが、そんな人たちの運動には与せずに、自分の判断でどうするのか決めましょう。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です