安倍総理の「でんでん」発言くらいしか攻めるネタがない民進党?

スポンサーリンク
記事上広告
国会議事堂

なかなか恥ずかしい間違いをしてしまいましたね、安倍総理。

2017年1月24日の参院本会議で、安倍晋三首相が「訂正でんでん」という意味不明な発言をする場面があり、ツイッターでは大きな注目を集めて、一時トレンド入りした。
「云云」(うんぬん)を「伝伝」(でんでん)と読み間違えた可能性があるが、麻生太郎氏が首相だった08年にも、漢字の読み間違いを相次いで報じられたことがある。

引用元:J-CAST ニュース 安倍首相「でんでん」発言トレンド入り そういえば麻生元首相も…

はっきり言ってこれはダメ。確かにダメ。ただ過去の答弁などでは「うんぬん」と発言しているので、全く読めないというわけではなく、見間違えたということなのでしょう。

これ、文脈をしっかり読んでいれば間違うことはないと思うのですが…

ということは、安倍総理は答弁書の文脈を頭に入れていなかったという可能性もあります。内容を噛み締めずに紙の上の文字だけを追って読んでいただけ。そんな行動だったのかもしれません。

もしそうなら、これは読み間違えたことよりも批判されるべき点でもありますよね。発言内容が自分の言葉として使っていないということなのですから。

ただ、そこを持って総理を批判すべきと思っても仕方ないかなとも思えるのですよ。

なぜなら、野党民進党の質問がくだらないから、真剣に考えるだけ無駄だという面があるからです。(今日の予算委員会もつまらないことで審議が止まっているようですが)

誰が読んでもいいような内容だから答弁が適当になった。要するに緊張感の無い質問を民進党がするから総理は相手にしていないということなのでしょう。で、不注意で読み間違えてしまった。

そんな程度の低いことをやっているというわけですよ。

野党は国民に必要な情報を与党から引き出していないということなのです。そして突っ込むところがこんなことしかないという体たらく。

そして、こんな流れ。

これはネタとしては面白いですよ。一般人が言うならね。

でも、国会議員ですよ、これ。民主党衆議院議員です。プロフが民進党になっていないという愚かさも加えておきましょう。

ネットの書き込みは便所の落書きとか言われることがありますが、野党の国会議員がこれですよ。

ウケを狙いたいのか、国民のために働いているのか。

民進党の明日はどっちなのでしょうね?

こんなことしか与党を突っ込む力がないのなら、さっさと退場していただきたい。時間と税金の無駄です。

はっきり言って、今回は安倍総理のオウンゴールです。かと言って、民進党はどれだけ点数に差があるのか、もっと理解した方がいいよ。

ま、言っても無駄か。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事
おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です