ブログの日付表示をカスタマイズで消すのは迷惑な面がある

スポンサーリンク
記事上広告
検索

ネットの情報で古いものとわからずに使ってしまうことで、大きなミスをしてしまうことってありますよね。

ブログとして扱われたく無いのか、投稿日付を表示せずに静的なサイトにみせようとしている情報ブログがあったりしますが、こういうサイトでけっこう危険な目にあってしまうことってあるんですよね。

たとえば、ネットのSEO対策の記事を扱ったサイトとか、最近はコンテンツ重視ってことなのでしょうけども、ちょっと前まではなんとしても検索エンジンの上位表示させることばかりを意識した小手先テクニックが言われていましたよね。

自作自演の被リンクなどです。詳しいことは知りませんが、今は効果が無い方向であるとか、検索エンジンからのペナルティの対象になっているとか、あるいは一時的にテクニックとして使ってみるとか、そういう情報のアップデートがされているならまだ問題ないのですが、何も知らない人がふと古い情報をネットで見つけて鵜呑みにしてしまうことってあると思うんですよね。

ネットの利用に慣れている詳しい人であっても、気を抜いてたら間違うことがあると思います。

そういった情報提供ブログが、ときどきWEBサイトの構成を普通のホームページ風に見せることを意識してカスタマイズで日付を表示していないものがあり、「これ、いつ頃のネタだ?」って思うことがあります。

これって初心者は気づかないことありますよね。下手すると大きな間違いをおかすことになったりもします。何かの設定をするとき、バージョンの違いで画面の表示がちょっと違うだけで、作業がパニックになる人もたまにいますよね。それくらいならまだいいですが、現在では通用しない(やってはいけない)情報や設定などを知らずに利用してしまってトラブルが深刻になることもあるわけです。

古い情報は価値が無いので、情報提供ブログなどを運営してる人はそのあたりを意識してほしいものです。だからこそ、ブログには投稿日付表示があるべきでしょう。

まあ、そういうブログはよく見ると更新が止まってるようなものが多いので、パニックに陥らなければ落ち着いて記事を読むと古臭さを感じで他の記事に当たるようにもなります。有名なブロガーなどは情報のフォローがしっかりしてるので、そういう記事を探せば本当はあまり問題ないのですが。

ヤフーやグーグルには日付フィルターがあって検索記事を最近のものに絞り込むことができるのですが、そういう作業をしなくていいような情報がやっぱり生きた情報というものでしょう。

これ、インターネットだけでなく、アナログの本にも言えたりしますよね。

古くても普遍性があったり応用が利くならいいけど、ただその時だけ使えるって情報はほんとに消費して終わりです。

ここではブログの日付表示について書きましたけど、日付のあるツイッターでも古い情報が勘違いからバズったりすることもあります。

ときどき、間抜けな人が1年くらい前の冗談めいたツイートを検索で引っ掛けて、タイムリーな話題と勘違いして本気で文句のリプライを送ったりしてるのもいます。ま、これは、ネットリテラシー以外に人間性のほうが問題でしょうけどね。

ネットリテラシーって言葉は思考を停止してしまいますなぁ。以前はインターネットのエチケットということで、ネチケットという言葉もありましたが既に死語ですね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です