ソースコードをWordPressに投稿できるプラグイン – Crayon Syntax Highlighter

スポンサーリンク
記事上広告
Crayon Syntax Highlighter

ブログでwebやプログラミングに関する内容を書こうとすると、ソースコードを貼り付けて説明した方がいいなと思うことがあります。

このままテキスト入力してもいいのですが、長いコードになったりすると見づらい表示になったりするは困りものです。

ソースコードを綺麗に表示形成してくれるツールもGitHubGistなどいろいろあるようですが、WordPressを使っているのでCrayon Syntax Highlighter というプラグインを利用してみようと思います。

Crayon Syntax Highlighterをインストール

それではWordPressにCrayon Syntax Highlighterプラグインをインストールしてみます。

WordPressにログインし、ダッシュボードでプラグインを選択して「新規追加」をクリックします。

Crayon Syntax Highlighterインストール1

プラグインの検索ボックスに「Crayon Syntax Highlighter」と入力して検索します。

Crayon Syntax Highlighterインストール2

一覧の中にCrayon Syntax Highlighterが表示されるので「今すぐインストール」をクリック。

Crayon Syntax Highlighterインストール3

インストールが完了したらプラグインを有効化します。

Crayon Syntax Highlighterを使ってみる

実際にCrayon Syntax Highlighterを使ってみましょう。

WordPressの投稿画面を開いてみると、入力補助の機能の中に<>の印が追加されています。これがCrayon Syntax Highlighterです。

Crayon Syntax Highlighterのアイコン

<>印をクリックしてCrayon Syntax Highlighterを立ち上げてみると、このような入力画面が表示されます。

Crayon Syntax Highlighter操作画面

必要な項目に入力して「挿入」をクリックします。

Crayon Syntax Highlighterで投稿

今回は「タイトル」を記入し、「プログラム言語」を選択、「コード」を入力して「挿入」をクリックしてみました。

特に他の設定を変えなくても使えます。タイトルも入力しなくても大丈夫です。お好みで設定は変えましょう。

これで投稿内にコードが挿入されます。

実際に投稿してみると、このように表示されます。

コード引用元:柴田 淳『みんなのPython 第3版』 P118 list.03-03 turtle5.py

これこれ。こういうのどうやってやるのかと思ってたんですよ。

これで多少このブログも見やすい投稿になると思います。過去記事でコードを書いたものの差し替えでもしようかな。

間違ってたら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です