MacのWi-Fi接続が切れるようになったのでネットワーク設定を削除してみた。

スポンサーリンク
記事上広告
Wi-Fi環境

MacのWi-Fi接続が切れるという声はよくネットで見かけます。私も過去何度も接続が切れるようなことがありました。その都度、いろいろと設定を見直したりしました。

ルータを再起動したり、IPv6の設定をリンクローカルにしてみたり、新しいネットワーク環境を設定してみたりといったことで大体は改善するものです。

他にはWi-Fiルータのファームウェアを更新などもありますね。ルータを新しいものに買い換えるというのも手です。

私のWi-Fi環境も最近またよく途切れるようになったので、これらのことをやり直してみましたが改善するのは一時的でしばらくすると調子悪くなります。

そこで、今まで試していなかった「現在のネットワークを削除する」という方法を試してみました。

現在のネットワークを削除する

「現在のネットワークを削除する」とはネットワーク構成に関する設定ファイルをすべて初期化してしまうということです。システムファイルを削除する作業なので、間違って違うファイルを削除しないように注意しましょう。

まずFinderで /Library/Preferences/SystemConfiguration に移動します。

Finderで移動

システムファイル

次にこのフォルダの中の以下の6つのファイルを削除します。

  • com.apple.airport.preferences.plist
  • com.apple.captive.probe.plist
  • com.apple.network.eapolclient.configuration.plist
  • com.apple.wifi.message-tracer.plist
  • NetworkInterfaces.plist
  • preferences.plist

くれぐれも違うファイルを削除しないように。

削除したら、Macを再起動して、「システム環境設定」からネットワーク環境を新しく設定しなおしてWi-Fiに接続しましょう。

ちょっと初心者には手強い作業ではありますので、他の改善方法を試してみてからの最終手段にした方がいいかもしれませんね。

とりあえず、いまのところ快適になりましたが、やっぱり途切れることはある感じ。そろそろWi-Fiルーターの買い替えかなぁ。

間違ってたら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です