「 国際 」一覧

スポンサーリンク
記事上広告

国際関係、国際政治に関する話題を採り上げます。

白人至上主義への抗議でコロンブスの像が破壊される?なんか変だな…

白人至上主義への抗議でコロンブスの像が破壊される?なんか変だな…

アメリカで白人至上主義に対する批判でちょっとした騒ぎになっています。南北戦争時の奴隷制から来る人種差別の問題から騒動は始まったようですけど、コロンブスの像にまで影響が広がっているようです。

記事を読む

北朝鮮のミサイル発射で地下鉄が止まって批判する資格ある?

北朝鮮のミサイル発射で地下鉄が止まって批判する資格ある?

4月29日に北朝鮮がミサイルを発射して、東京の地下鉄など一部公共交通機関が10分ほど運転を見合わせた。これに対してテレビのワイドショーは意味がなかったと揶揄するような放送をしてたような。ちょっと筋が違いますね。

記事を読む

安倍総理のフィリピン訪問ではっきりわかった。日本が本当に大切にすべき相手(国)はどこなのかがわかる基準。

安倍総理のフィリピン訪問ではっきりわかった。日本が本当に大切にすべき相手(国)はどこなのかがわかる基準。

フィリピンの安倍総理の訪問。とてもすごい歓迎ぶりでしたね。ああいうシーンは見ていてとても嬉しいですし、向こうの国民への親しみも湧いてきます。その点、ご近所の半島の国といえば・・・。大切にすべき国はどこかわかりますね。

記事を読む

トランプ次期大統領の発言はとりあえず放っておけ!その時考えれば良い。

トランプ次期大統領の発言はとりあえず放っておけ!その時考えれば良い。

トランプ次期大統領がの発言に振り回されてますね。トヨタがメキシコに工場を建てることについて、それはダメだと言ったり。トランプの発言は、しばらく本気で相手にしなくても良いのでは無いでしょうか。具体性が出てからが勝負!

記事を読む

朝日新聞は記事の整合性を考える頭が無い。マスゴミと呼ばれるのも納得。

朝日新聞は記事の整合性を考える頭が無い。マスゴミと呼ばれるのも納得。

朝日新聞の配信してる記事を読んでいたのですが、タイトルで触れられている内容が無い記事がありました。もっと記事の作り方を考えろって思います。まあ、期待はしてないし、もうリベラル?新聞の必要性を感じませんけどね。

記事を読む

真剣さと意思決定の重要さを痛感!伊藤祐靖 著『国のために死ねるか』茹でガエルになる前に読むべき1冊

真剣さと意思決定の重要さを痛感!伊藤祐靖 著『国のために死ねるか』茹でガエルになる前に読むべき1冊

伊藤祐靖 著『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』(文春新書)は、日本人の背筋を伸ばしてくれる本です。国の安全保障だけでなく、身近なビジネスや生活でも意識すべき話が盛りだくさんです。

記事を読む

オバマ大統領の広島訪問に関連して心に残ったテレビの放送

オバマ大統領の広島訪問に関連して心に残ったテレビの放送

オバマ大統領の広島訪問から時間も経過しました。この出来事にいろんな思いを持つ人も多いでしょうが、当日の朝、オバマの訪問前に放送されていたテレビの番組の内容が心に残りました。被爆者の思いの一端が伺えます。

記事を読む

オバマ大統領の広島訪問は歓迎すべきかもしれないが、世界を混乱させるかも?

オバマ大統領の広島訪問は歓迎すべきかもしれないが、世界を混乱させるかも?

伊勢サミットに合わせて、オバマ大統領が被爆地広島を訪問することになりました。歓迎すべきことではありますが、考えようによっては世界の不安定要素を増すことになるかもしれません。日本は上手く対応すべき時です。

記事を読む

エドワード・ルトワック『中国4.0 暴発する中華帝国』さて、日本はどう考える?今読んでおこう!

エドワード・ルトワック『中国4.0 暴発する中華帝国』さて、日本はどう考える?今読んでおこう!

米国の戦略家エドワード・ルトワックによる中国についてのホットな分析の書『中国4.0 暴発する中華帝国』が出版されました。日本の中国専門家の意見とは一線を画す内容で一読の価値ありです。今まさにオススメの1冊。

記事を読む

北朝鮮が水爆実験に成功?今こそ読もう!核兵器を純粋に学べる本『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』

北朝鮮が水爆実験に成功?今こそ読もう!核兵器を純粋に学べる本『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』

北朝鮮が水爆実験に成功したと発表しました。真偽はどうなのかと報道がされていますが、この際、キチンと核兵器について学んでおくべきではないでしょうか。物理学から考える核兵器についてのオススメの1冊を紹介します。

記事を読む

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)