「 コラム 」一覧

スポンサーリンク
記事上広告
脱毛パラドックス – 脱毛の悩みに応えないインターネット検索と情報リテラシー

脱毛パラドックス – 脱毛の悩みに応えないインターネット検索と情報リテラシー

インターネットで「脱毛」で検索する場合、「毛が抜ける」という場合と「毛を抜く」という場合の二つの意味があるが、抜け毛で悩む人にとってはまったく役に立たない検索となっているのが現状です。

記事を読む

“社員に「やる気」を起こさせるのは簡単だ”

“社員に「やる気」を起こさせるのは簡単だ”

仕事のやる気を出す方法について、コーチングなどで言われるような心理学的な手法を用いてモチベーションをコントロールするようなものが最近多いです。しかし、仕事本来のあり方を考えることで見えてくるものがあるようにも思えます。

記事を読む

亀田製菓のハッピーターンのトロピカルパイン味を食べてみた

亀田製菓のハッピーターンのトロピカルパイン味を食べてみた

亀田製菓のハッピーターンの美味しさは素晴らしいですが、トロピカルパイン味というものがあったので、恐る恐る食べてみました。コイケヤが12月22日に発売するポテトチップスみかん味がどうなのか気になります。

記事を読む

人生はマラソンか?人生を何かに喩えると上手くいかなくなる理由

人生はマラソンか?人生を何かに喩えると上手くいかなくなる理由

人生がマラソンに喩えらえることがあります。誰もがしっくりくる言葉です。しかし、これにはちょっと同意できない部分があります。誰にでも当てはまる人生論ではないのではないでしょうか。自分に最適な人生の喩えの見つけ方を考えてみました。

記事を読む

「なんかいいよね」禁止。面白いアイデアはここから絞り出す。

「なんかいいよね」禁止。面白いアイデアはここから絞り出す。

「なんかいいよね」禁止。この言葉がみんなでアイデアを出すときに大きな力になると思います。これはコピーライター谷山雅計さんの言葉です。アイデアを出したつもりで終わらせないために常に意識しておくべきことです。

記事を読む

「ほっしゃん。」の改名から考える名前の人生哲学

「ほっしゃん。」の改名から考える名前の人生哲学

「ほっしゃん。」の鼻からうどんを吸い込んで口から出すという芸を最初に見たときは腹を抱えて笑ったものですが、その「ほっしゃん。」が芸名を「星田英利」に改名しました。 これは本名だそうです。 この改名は芸人の活動としては「ほ

記事を読む

カップ麺の粉末スープとかやくの袋をいちいち取り出すのは面倒だ

カップ麺の粉末スープとかやくの袋をいちいち取り出すのは面倒だ

カップラーメンはお湯をかけるだけで手軽に食べることができるということが革命的であった。しかし、この革命性を弱めてしまうものがある。カップの中のスープやかやくの入った小袋は、カップラーメンには似つかわしくないパーツである。

記事を読む

iPhoneのSiriで簡単に浮気がバレでしまうって?そんな程度でバレる浮気なら……

iPhoneのSiriで簡単に浮気がバレでしまうって?そんな程度でバレる浮気なら……

iPhoneは様々な技術を使って情報セキュリティを高めていますが、Siriの設定次第では簡単に情報が他人に漏れてしまうことになります。他人に浮気の相手がバレてしまう可能性もあるとか。さて、Siriが悪いのか?浮気が悪いのか?

記事を読む

コピーライターから見た流行語大賞「ダメよ~ダメダメ」

コピーライターから見た流行語大賞「ダメよ~ダメダメ」

2014年の流行語大賞「ダメよ〜ダメダメ」について、コピーライターがコトバの側面から分析。流行語になるための要素と、言葉を伝わるものにする簡単な技術で解説。普段の生活でも使える方法です。これを使えば今年の流行語大賞は変わっていたかも?

記事を読む

ツイッターでブロックしたくなる時の、とあるパターン

ツイッターでブロックしたくなる時の、とあるパターン

ツイッターでブロック機能を使うことは誰でもあります。スパムなどは当然ですし、罵詈雑言ばかりの相手と付き合う気もないでしょう。意見が異なって衝突するのは仕方ない面もあります。ですが、同じ意見でもブロックにつながるパターンもあります。これです。

記事を読む

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)