「 本・読書 」一覧

スポンサーリンク
記事上広告

読んだ本の感想やおすすめの本、気になる本などを紹介します。

百田尚樹『カエルの楽園』は、いま最もイライラしてしまう本である。

百田尚樹『カエルの楽園』は、いま最もイライラしてしまう本である。

百田尚樹さんの『カエルの楽園』が早くも文庫化されました。さっそく手にして読んでみましたが、評判通りの内容と面白さ。そして、恐ろしさ。読み進めるうちにイライラしてきます。あなたの住んでいる国は本当に大丈夫ですか?

記事を読む

現代日本の問題点を考えるためのおすすめ新書4冊。憲法、安保、経済、論壇。民進党に付き合ってる暇は無い

現代日本の問題点を考えるためのおすすめ新書4冊。憲法、安保、経済、論壇。民進党に付き合ってる暇は無い

森友・加計問題で大事な議論がほったらかしになっている日本の現状ですが、しっかり考えない問題があるのは間違いありません。そこで4冊の新書を紹介します。現代日本を考える材料にどうぞ。

記事を読む

新聞社がいい加減である証拠。すぐにわかる嘘を平気で記述する愚

新聞社がいい加減である証拠。すぐにわかる嘘を平気で記述する愚

百田尚樹さんの本が、韓国の新聞で採り上げてられていました。反論したいのはわかりますが、できていないというかなんというか… で、最後の最後に嘘書いてるような気がするのですが。どこにそんな記述があるのだろう?

記事を読む

「海賊とよばれた男」は小説に限る。だが映画版には罪はない

「海賊とよばれた男」は小説に限る。だが映画版には罪はない

映画の「海賊とよばれた男」をDVDで見ました。出来はとてもいいのですよ。いいのですけど、ちょっと残念なのです。映画には罪は無いのですけど。ぜひ小説も読みましょう。

記事を読む

アプリ型の電子書籍はダメだね。OS更新に対応してない手元の電子書籍

アプリ型の電子書籍はダメだね。OS更新に対応してない手元の電子書籍

アプリ型の電子書籍は買わない方がいいなと思いました。時代についていけてないものが多いんですよね。電子書籍ならやっぱりKindleです。楽天koboも不満は無いです。一番いいのは紙の本ですけど。

記事を読む

『いちばんやさしいJavaScriptの教本』はハードルが低いのでスタートに良いですね

『いちばんやさしいJavaScriptの教本』はハードルが低いのでスタートに良いですね

最近、JavaScriptの人気はとても高くなったように思います。『いちばんやさしいJavaScriptの教本』を読んでみました。このシリーズは、初心者が肝になる知識を知っておきたいならちょうどいいですね。

記事を読む

ルトワック『戦争にチャンスを与えよ』で大人になろう!果たして日本はチャンスを掴めるか?

ルトワック『戦争にチャンスを与えよ』で大人になろう!果たして日本はチャンスを掴めるか?

エドワード・ルトワックの新著『戦争にチャンスを与えよ』が発売されました。『中国4.0』に続いての新書ですが、ルトワックらしさは今回の本の方が感じることができるようです。国際関係、安全保障って甘く無いですよ。

記事を読む

白石麻衣写真集の売上部数が19万部 歴代最高売上げタレント写真集は?

白石麻衣写真集の売上部数が19万部 歴代最高売上げタレント写真集は?

乃木坂46の白石麻衣写真集「パスポート」の売上部数が19万部に達したと話題です。ここまで売れる写真集は珍しい。ところで歴代最高に売り上げた写真集は何なのか?当時は大きな話題になった、あの写真集でした。

記事を読む

教育勅語の意味をわかりやすく理解したいなら逆・教育勅語でスッキリします

教育勅語の意味をわかりやすく理解したいなら逆・教育勅語でスッキリします

ある学校法人の騒動で、教育勅語がニュースでおどろおどろしいものとしてのイメージで報道されています。学校でもよくないものとして学びました。でも実際読んだことなんてなかったのですけども、どんなことが書いてるの?

記事を読む

スラムダンクの漫画全巻を購入して子供にプレゼントした人の話。子育ては難しいよ。

スラムダンクの漫画全巻を購入して子供にプレゼントした人の話。子育ては難しいよ。

漫画も教育にとって大切な教材。人として大切なことを教えてくれることもたくさんあります。知人がスラムダンク全巻を購入して子供にプレゼントしてみたそうです。教育、子育てって難しいですね。

記事を読む

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)