何か事件があると、幼少期の頃はどうだったか報道することに意味はあるの?

スポンサーリンク
記事上広告

座間でとんでもない事件が起こりました。それについて詳細なことはここでは触れるつもりはありません。報道や他のサイトが詳しいでしょうから、そちらを見てくれたらいいでしょう。

この事件に限らないことなのですが、何か事件があった時にその容疑者についていろいろとテレビなどマスコミは取材して報道するわけですが、「これは意味があるのだろうか?」と思うことがあります。

それは、幼い頃にどんな子だったのか、同級生などに取材をして伝えることです。

これ、ちょっと疑問なんですよね。

全く専門家ではないので間違ったことを述べてしまうかもしれませんが、こう言う事件があった時に犯罪心理学のような分野では、その容疑者の生い立ちなどを分析するのは有益なのだろうとは思います。確かにそういった生い立ちと事件との相関性は一定程度はあるのかもしれません。

ですが、これ自体を根拠なしに、ただの素人のマスコミが、容疑者の同級生に取材してどんな人だったか取材して人物像に迫るのは全くナンセンスじゃないかと感じています。

こういう調査って、おそらく法的な責任があるかどうか、精神鑑定などをする時になってからの議論なのだろうと感じています。(まあ、今回の事件はそういう動きも出てくるのでしょうけど)

さて、なぜナンセンスだと思うのか。

幼少期のことを引き摺りながらみなさん生きてます?

ただその1点だけが疑問なんですよね。

もちろん嫌なこととか心に残ってることってありますし、トラウマになってるようなこともあるでしょう。

でもそんなこと無関係に日々生きていることの方が多いでしょう。それに、過去に何かのマイナスがあったとしても、それを吹き飛ばすような生き方をしてきたりして、克服して生活している人がほとんどじゃないでしょうか。

それに「小学○年生の時、彼は△△なことがありました」というような同級生の発言と、その事件との間に直接の関係があるとはどうしても考えられません。そういうおかしな行動って、よくよく考えて見れば誰にでもあるようなものだったりしますよね。

それに、その同級生は本当にその容疑者のことをよく知ってる人なの?同じクラスでもあまりよく知らないって人っているでしょうし。

では逆に、何であんな立派な人がこんなことを起こしてしまったのだろう?って話になる事件もありますよね。これは全く若い頃の影響とか無関係の説明です。

いったいどうなの?

まあ、今回の座間の事件は、そういう動きをしたくなるのもわかりますけどね。

ただ、マスコミの取材する人はただの素人。若い頃何かおかしなところあった?と言われれば、誰だってそんなところは見つかる。だから事件があると何年も前の同級生に取材するなんてナンセンスとしか思えないんですよ。

人物像に迫っているように思わせてるだけ。特にワイドショー。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です