httpsからhttpに戻してもChromeだけがhttpsにアクセスしようとして困る

スポンサーリンク
記事上広告

ウェブサイトをSSL化してる人も多いと思います。サイトの安全性も上がりSEO的にも有益という話もあってこれまでのhttpからhttpsでアクセスするように設定を変更した人もたくさんいると思います。

このブログはやっていませんが、他のサイトなどを作る時に設定することも多いです。

エックスサーバーでWordPressをSSL化するにはこの記事のようにすればできます。
エックスサーバーで使うドメインをhttpからhttpsにSSL化する
WordPressをhttpからhttpsにSSL化する

これを元に戻してみました。サイトが不要になったので内容を削除して非SSL化サイトに戻して、違うことにまた使おうと思ったのです。

SSLの設定も解除して、.htaccessのリダイレクト記述も削除しました。

これでいいはずなのですが、httpでアクセスしてもhttpsになって「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されます。

しばらく放っておけばいいのかなと思ったら違っていて、Safariでアクセスしたらキチンとhttp接続に戻っていました。

どうもGoogle Chromeはhttpsサイトに接続しようとするみたいです。

どうやれば解除出来るのか調べてみました。原因はHSTSの関係ということのようです。細かい技術的なことはよくわかりません(笑)

でも運用上困るので、どうすればいいのかだけメモしておきます。

クロームのアドレスバーに以下を入力します。

chrome://net-internals/#hsts

するとこんな画面が表示されます。

Delete  domainという項目があります。

ここに、目的のドメインを入力して「Delete」をクリック。

以上でhttpsへは接続しなくなり、httpで接続出来るようになりました。

あまり必要ない人の方が多いと思いますけど、もし同じようなことで頭が固まってる人がいたらと思ってメモしておきます。

単なるページのリダイレクトだけの現象だったらブラウザのキャッシュをクリアすればいいようです。

以上、間違ってたら勘弁な!

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です