エビデンス無しの朝日新聞は報道機関を名乗る資格なし。マスコミの終わりの始まり

スポンサーリンク
記事上広告

朝日新聞が小川榮太郎さんと飛鳥新社に対して損害賠償を裁判所に提起した。恐ろしい世の中になったものだ。

朝日新聞社は25日、文芸評論家・小川栄太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」が、事実に基づかない内容で本社の名誉や信用を著しく傷つけたとして、小川氏と出版元の飛鳥新社に5千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴えを東京地裁に起こした。

引用元:朝日新聞デジタル 森友・加計問題の著書巡り文芸評論家らを提訴 朝日新聞

言論の自由っていったい何なのだろうって思いますね、これまで朝日新聞が起こしてきた報道問題のことを考えたら、今回の小川さんの著書による指摘も当然納得のいくものですけどね。というか、小川さん以外にも今回の朝日新聞をはじめとしたモリカケ騒動のおかしさは、官僚出身者をはじめとして多くのことが指摘していますからね。

小川さんのツイートも引用しておきましょう。

でも、笑っちゃうんですよ。朝日新聞の態度には。

朝日新聞論説委員の高橋純子って人が日刊ゲンダイ(笑)に安倍政権に対してこんなこと言ってるんですよ。

だから「なんか嫌だ」「どっか気持ち悪い」などといった自分のモヤモヤした感情をなんとか言葉にして読者に伝えないと、権力に対峙したことにならないんじゃないかと思うんです。

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL 朝日新聞・高橋純子氏 「安倍政権の気持ち悪さ伝えたい」

そんな幼稚な感覚で報道を語らんで欲しいわ。

で、この人、よく考えたら「一発だけなら誤射かもしれない」の人だったんですね。

百田尚樹さんが北朝鮮のミサイル発射について朝日の過去の記事を指摘した時に、この高橋って人が一般論として書いたもので北朝鮮とは無関係とか言った話ですね。

こちらのShare News Japanの記事がその流れとしてまとまってるかな?

【朝日新聞】高橋純子「『北ミサイル、一発だけなら誤射』なんて書いてた?ああ、あの記事は具体的な国名は出さず、一般論として書いたものだから…」

ホント、呆れる内容です。

日刊ゲンダイの記事の冒頭にこんなことが書いています。この高橋氏の著書にこんな内容があるとして、記事が始まってるんですよね。

新聞記者は、ウラを取って書けと言われるが、時に〈エビデンス? ねーよそんなもん〉と開き直る。

一発だけなら誤射かもしれないの発言は、その記事が書かれた時代を考えたら北朝鮮のミサイルを念頭に置いていて当然であって、一般論では無い。一般論であっても、当然類推できる話。

そしてこの、「エビデンス? ねーよそんなもん」と開き直る態度。論説委員ですよ。まあ、この文章は自分の信念に対しての意味でのことらしいのですけど。

どっちにしろ、朝日は歪曲する報道機関ですわ。報道ステーションの頭モジャモジャの朝日の女性記者も発言してましたよね。安倍総理は疑惑に関係なかろうと、関係あると言えばいいのにというようなこと言ってましたし。あれにはビックリですよ。

ある国会議員が、この新聞社は逝ってよしというような発言をして問題になりましたが、全く異論はありませんね。

ちなみに朝日新聞と私の身の上で起こった思い出も書いておきましょう。まあ、これは販売に関するものですけど。

販売店が勝手に申込書に名前を書いて購読を強制してきたんですよね。母親がこんな筆跡で書いた覚えは無いと跳ね返しましたが。この販売店、全く知らない人でも無いんですけどね。何らかの交流もあった人でしたし。

学生時代、朝日新聞を営業にきたヤ○ザ系の人が、要らないって言ってるのに執拗に会話を伸ばし、でも要らないと言ったら「はよ、言えよ!」って切れられて、刺青見せたろか!とか言って脅してきたこともあったんだよね。うざいからとりあえず申し込んで追い返して、速攻で販売店に取り消しの連絡入れたけどね。

ほんまいい思い出は無いわ、朝日新聞には。

エビデンスを大切にしない朝日新聞はもはや報道機関では無いです。反社会勢力にしか感じません。

ほんま、オールドメディアのマスコミって終わりの始まりだなぁ。

朝日新聞は新聞紙上で徹底的に小川氏に反論すればいいんだよな。

あのおかしな沖縄の新聞でさえ、沖縄2紙を批判する百田尚樹さんに対しては誌上で批判してるんだけどね。

朝日新聞から小川さんに出させた申入書って、ただのアリバイ作りなんだろうなぁ。全く論戦することなんか、最初から無いんだろう。

今回の件でいろいろと意見が出されていますが、八幡和郎さんのこちらの記事にとりあえず大賛成です。

巨大な朝日新聞に個人や弱小版元を抹消させてなるものか(アゴラより)

もう朝日新聞、一生購読しません。

ひょっとして、朝日新聞の次の訴訟相手はWILL?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です