報道しない自由と朝日新聞。閉会中審査の速報になっていない朝日新聞のTwitterアカウント

スポンサーリンク
記事上広告
国会議事堂

報道しない自由についていろいろと言われていますが、本日の参議院での閉会中審査でも朝日新聞のTwitterアカウントはやってくれてますね。

閉会中審査は自由民主党の青山繁晴議員から始まりました。

衆議院での小野寺五典議員の質問のやりとり同様、今回の加計学園の問題の経緯はよくわかるものでした。

もちろん安倍総理に問題はあるでしょうけども、なんら法的に問題が無いことに対してこんなに時間を費やしてることはおかしなことでしょう。

こんなマスコミ報道をしていれば、今は安倍叩きで安倍政権を批判したい人にとっては心地よい状況かもしれませんし、それが成功している状況でもあるでしょう。

でも、マスコミの信用はどんどん失われるんじゃないかな?

新聞、特に朝日新聞などは前から叩かれていますけども、今回はテレビでしょう。もう、テレビは見ないって人も増えるでしょうし、仮に見るとしても、テレビでおかしな放送を流していないかというチェックのためのネタ探しとしてしか見ることは無くなるかもしれません。

今朝のTBSビビットは上西小百合の生出演ですよ。あの秘書と一緒に。なんなのこの番組って感じで朝から不愉快な思いをしました。

さて、閉会中審査ですが、朝日新聞がTwitterで速報を流しています。

このツイートがその第1弾です。

これだけじゃわかりにくいですね。

この【速報中】という表示のツイートはこれが第1弾です。

民進党の蓮舫議員の質問からこういう速報を流し始めました。

でも、閉会中審査は青山繁晴議員がトップバッターです。それも1時間を超える質問時間でした。

それを速報せずに、二番目の質問者から速報を流すって速報でもなんでも無い。

確かに記事自体は青山議員とのやりとりは記載されていますけども、こんな速報の流し方はアンフェアというしかない。しかも、加戸さんが語ったテレビ取材のインタビューでカットされた部分を問題視した発言にも具体的に触れられていない。

朝日新聞は事実とか全体の流れとかどうでもいいのでしょう。安倍政権が叩ければそれでいいのだなとよくわかるこのTwitterアカウントの運用です。

もう朝日新聞には新聞と名乗ってもらいたく無い。日刊アサヒとでも表示してもらいたいですわ。

さて、その閉会中審査ですが、元愛媛県知事の加戸さんの答弁にはとても感動しました。インターネットであちこちまとめられることでしょうから見ていない人はぜひ見て欲しいです。

メモなど見ずに筋道立てて話すことも素晴らしいのですが、愛媛、四国、そして日本の将来が世界から取り残されないために獣医学部設立が必要であるという思いが十分に伝わる内容でした。聞いてて感動するくらいでした。

ぜひ、青山議員とのやりとりをネットなどのアーカイブで見て欲しいですね。

加戸さんが発言する時に委員会室はヤジもなくシーンと静まりかえります。これが真実を物語ってると思いますよ。

それにしても違法なやりとりな無い問題に何を必死にやってるんだって感じ。よっぽど追求する側の民進党議員が獣医師会から献金もらってる方が法的に問題あると思うのですけどね。

この加計学園問題って、朝日新聞が慰安婦誤報から始まった問題と同じような構造にしか思えないんですよね。あと、痴漢冤罪事件と同じ構造にも思えますよ。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です