アプリ型の電子書籍はダメだね。OS更新に対応してない手元の電子書籍

スポンサーリンク
記事上広告
本

本は紙で読みたいと考えていたので電子書籍は利用したく無いなと思っていたのですが、いつのまにか多少は購入して利用するようになりました。もちろん今でも購入は紙中心なのですが、楽天ポイントの消化や紙の書籍が絶版になっているような本を中心にKindleや楽天koboをスマホアプリで利用する機会が増えました。

Kindleやkoboで読める本の中にも、文字の大きさを変更できないものもあったりして、そういった本には困ったものですが、それ以上に困ったものがあります。

それは、単独のアプリで電子書籍になっているものです。

おそらく最近は少なくなってきたのかな?iPhoneでいうならば、AppStoreなどから購入するタイプの本で、アプリのアイコンをタップしたら本が読めるというタイプです。Kindleや楽天koboを使わないタイプですね。

タイトルに書いてしまいましたが、アプリなので当然スマホのOSがアップデートされたら、アプリも対応する必要があります。対応しなくても動くというレベルのものであればいいのですが、私の持っているものは起動するとバージョンアップがされていないので将来的に利用できなくなる可能性があるという旨の表示が出ます。

実際、もう不具合があるんですよね。まだ読めるのですが、ページめくりが以前よりやりにくくなっています。明らかに操作性が悪化しているのです。ちょっとストレスなく読めるというレベルではなくなっているのです。引っかかるようなページめくり。なんかも嫌って感じ。

その点、Kindleやkoboは、リーダーアプリがOSのバージョンアップに合わせて更新されるし、その他の不具合などもよくアップデートされます。なので、おかしな不具合というものはほとんど無いですね。このあたりは大きな会社が運営しているというメリットです。(もちろん、もしAmazonや楽天が撤退したら困っちゃいますが)

私の持っているアプリ型の電子書籍はほぼ全て多少の不具合を感じます。読む気が無くなります。電子書籍として出版された当時は、紙では絶版になっている本なので購入するにはこれしかないと思って電子書籍を手に入れました。ですからある意味では永久保存版の本としての意味もあったのです。ですが、この不具合。とても残念。

Kindleのページで確認すると、今はKindle版も発売されているので今でも手に入れることはできるので、まあ読みたくなったら購入することもできるのですが、すでにアプリで購入したことを考えると二重に支払わないといけません。何かモヤモヤ感の残る状況です。

やっぱり本は紙だな。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です