macshopという広告がSafariに出るようになったので削除したい

スポンサーリンク
記事上広告
パソコンの表示に悩む

ウザい広告が表示されるようになった!

MacBook Proで普段はChromeブラウザを使っているのですが、アプリの設定によってSafariが起動することがあります。

その時になにか変なサイトにでもアクセスしたのでしょうか、ポップアップ広告が頻繁に出るようになりました。

こんな感じです。

macshop広告

「powered by macshop」と広告の隅に表示してあって、まるでApple関連のようですがどうやら関係なさそう。

スパムちっくな広告機能らしく、かなりウザいくらいに表示されるのでさっそく表示しないようにするにはどうすればいいのか調べてみました。

macshopの広告非表示にはプラグイン削除

どうやらどこかのサイトに訪問した際に、プラグインがインストールされたということのようです。

そういえばApp Storeのとあるアプリの開発元のサイトを訪問した時から広告が表示されるようになったと記憶しているのでその時か、フリーの動画変換アプリをダウンロードした時か、そんな時にプラグインをインストールしてしまったのでしょう。(定かではありません)

Safariの「環境設定」を開き、「機能拡張」を選択します。

するとshoopiMacというplug-inがインストールされているのがわかります。

プラグイン削除

この開発元のHomerを見るとmacshopのポックアップ広告が出るプラグインだとわかったので、「”shoopiMac”を有効にする」のチェックを外すか、アンインストールします。(私はアンインストールしました)

これで広告は表示されなくなりました。多少Safariの読み込みが早くなったような気もします。

最後に

Safariを再起動しても広告が表示される場合はSafariをリセットするのもいいようです。また広告を非表示にするプラグインで対応している人もいるようですね。

私の場合はSafariのみでしたが、ChromeやFirefox、iPhoneのSafariでも同様の広告に悩まされることもあるらしいのですが、同様の対応でクリアできるようです。

それにしても、いったいどこを踏んだのだろう?

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です