「絶対に笑ってはいけない」での浜田雅功の黒塗りメイクから連想したこと

スポンサーリンク
記事上広告

大晦日に日本テレビ系で放送された毎年恒例のお笑い番組「絶対に笑ってはいけない」で、今回は「アメリカンポリス」をテーマにしたことから、ダウンタウンの浜田雅功が「ビバリーヒルズ・コップ」の米国の俳優エディー・マーフィの格好をすることで、見ている人を笑わせた。

ただ顔の黒塗りメイクをしたことで、黒人差別になると指摘されることになり、BBCやニューヨークタイムスなどの海外メディアにも取りあげられた。

この状況を日本では「人権後進国だ」と批判する人もいました。ただ、そういう人の使った「後進国」という言葉自体も適切ではなく、問題を指摘する側が問題じゃダメじゃんという変なオチも形成されたりしまいた。

当然、「差別」はダメ。もちろん気をつけるべき点もあるでしょう。

ただ、日本では状況が違うという点も考慮すべきだと思う。実際、日本では黒人に対しての差別なんて無い。海外で問題になってるようなことも起こっていない。パロディやリスペクトといったものはどうするのだろう。

もちろん、よくわからない人は嫌な思いもしただろうし、その発信源となったであろう外国の方も日本に対しての無理解があるようにも思えます。

この話題で思い出すのは、やっぱり「ちびくろサンボ」でしょう。小さい頃読んで、差別だなんて思ったことも無かったですし、他の国には僕たちに違う人がいるんだなくらいの思いでしたけどね。

まあ、配慮というものは必要なのでしょうけど、やっぱり細か過ぎるのもなんだか本質からズレてしまっているようにも思えます。

この議論はネットで賛否の意見が飛び交ってますので、詳しくはそちらを見た方がいいでしょう。ただ、この議論を違うものと結びつけてあらぬ方向へ持っていくようなものは嫌ですね。津田大介さんが有本香さんに指摘されていましたし。

ここまでの記述を見たら、私がどの辺りのスタンスなのかはわかるでしょう。それに賛同も批判も求めませんし、議論もする気はありません。

ただこの話題で、いろんな過去の番組を思い出しました。箇条書きにしてみましょう。

  • 笑福亭笑瓶さんが、ウィッキーさんのモノマネをしていたなぁ。
  • オースマン・サンコンさんが「ちょと日焼けしちゃいました」とか言ってたなぁ。
  • 島崎俊郎さんがひょうきん族でアダモステをやってたなぁ。
  • ごっつええ感じのコント「挑戦者」での松っちゃんがピヒョリレーナリ・ボリリレンってやってたなぁ。
  • シャネルズ(ラッツ&スター)は顔を黒く塗ってブラックミュージックへのリスペクトで始まったよなぁ。
  • とんねるずの「みなさんのおかげです」で、石橋貴明さんはMCハマーのU Cant Touch Thisをやってたよなぁ。しかもMCハマーも一緒に共演して踊ったんだよぁ。(他にもライオネル・リッチーもあるし、木梨憲武さんのマイケル・ジャクソンもあったよ)
  • オバマ大統領のモノマネをしていたノッチさんも少し塗ってるよね。
  • ほんの数年前の「笑ってはいけない」でマツコ・デラックスさんがエマニエル坊やになってたんですけどね。

その他、コントなどを調べたら数限りなくあると思います。国民的アイドルだろうとなかろうと。それに黒人じゃなく白人に扮したりするものもありますよ。白人は差別問題が無いからいいのかもしれないけど、鼻を極端に高くするメイクってどうなのでしょう。

これら、全部ちびくろサンボ以降の話だと思うのですけど。

今になって問題になるのって、最近よく話題になるポリティカルコレクトネスの流れ? ちょっと行き過ぎるのは良くないとも思いますね。

これに関連して、こういう行為を最近批判してる側の人が、何かに抗議する時に中指立ててる画像を良くみるのですけど、なんかダブルスタンダードにしか思えません。それもダメって言わなきゃ。

あのポーズ、海外ではメチャクチャ怒るでしょ。なぜか日本人に対してそのポーズで抗議しているのですけど、ただそのポーズで日本人が怒ることってほとんど無いように思えます。

どう判断するか難しいところはあると思うのですけど、やっぱ実質的に侮辱する意図があるのかどうかを流れの中で捉える必要はあるでしょうね。

見方を変えたら、厚切りジェイソンのやってる日本人のおかしなところを指摘するネタって、とても日本人を侮辱してるような問題だとも思えたりしますけど、誰もそうは言わない。

今回の番組の炎上?ですけど、なんか問題は違うところにあるようにしか思えないんですよね。

さて、外国人が志村けんのバカ殿のモノマネをしたら、日本人はどう思う?

てか、もっと目の前にある、実際にいま被害にあってる人を直接助けることに力を入れた方がいいとも思います。

ところであの番組、「ビバリーヒルズコップ」じゃなくて「白バイ野郎ジョン&パンチ」だったら良かったわけ?

あと、国際会議(第一次世界大戦後のパリ講和会議の国際連盟委員会)で人種差別撤廃を明確に主張した国は日本が世界で最初であるということも忘れないでおこう。

(2018年1月14日 追記)

ダウンタウン松本のコメントは秀逸ですわ。

松本は「これに関しては、いろいろ言いたいことはあるんですけど、もうめんどくさいので、浜田が悪いでいいです。あいつを干しましょう。国外追放。断らなかったあいつが悪い」と言って、一笑に付した。

松本は「今回テーマがアメリカンポリスで、『ビバリーヒルズ・コップ』のエディー・マーフィーをやったんですよ。だから流れとしては全然唐突ではないんですけど」と弁明しかけたが、「まあ、でも浜田が悪いね」と笑いに変えた。

松本は「今後どうするのかなぁ」と憂い、「僕らはモノマネタレントじゃないんでいいんですけど、今後、バラエティーは黒塗りなしでいくんですね? ルールブックを作ってほしい。黒塗りしてモノマネする人がこの先出てきたら、同じぐらい叩かれないと今度は浜田差別になる」と指摘した。

引用元:ORICON NEWS 松本人志、『ガキ使』黒塗りメイク問題語る「いろいろ言いたいことはある」

(2018年1月15日 追記)

以前、最近H&Mの販売するパーカーが人種差別的だと問題になりました。確かにどういう意図なのか考えたらそう判断されても仕方ないと感じました。ただ、これに対して南アフリカでは店舗への襲撃があったというニュースもありました。

こういう反応はどちらにも組したくありませんね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

おすすめ記事
コメントの入力は終了しました。