選挙権が18歳に引き下げられることについて、特別扱いしなくてもいいんじゃないの?

スポンサーリンク
記事上広告
選挙スピーチ

選挙権が18歳に引き下げられたことで、今年の参議院議員選挙から若者が投票できることになったわけですが、「そんなに特別扱いしなくてもいいんじゃないの?」と思ったことがあったので書いておきます。

こういう制度に変更がある時は、周知期間を設けて国民に広く知らせるわけですが、当然それは十分にやるべきでしょう。

ただ、ちょっと疑問に思ったのが、安保法制が議論されていることと絡めて、模擬国会みたいなものや、模擬選挙の投票みたいなものを学校などで行われていたことです。報道番組などでもやってましたよね。

これ、学校の教師の思想的傾向が指導の中に入るんじゃないかという懸念もあると思いますが、まあ、それも問題だとは思います。安保法制に関しては憲法9条との絡みでヘンテコな議論が展開されたりしますからね。

ただ、こういう議論を抜きにして疑問に思ったのは、そんなに手取り足取り選挙のやり方について教える必要があるのか?模擬投票までする必要はないのではないかと思ったのです。特別扱いしすぎではないかと思ったのです。確か自治体などからも出前講座みたいなものを学校に出向いて行うような話もあったような気がします。

まあ、周知の意味を考えれば必要なのかもしれませんが、今までそんなこと教えてもらった人っていないと思うんですけどね。

これまで選挙の投票に行ったことのある成人のみなさんは、こういったことを学校の授業で一つ一つ教えてもらったことってないですよね。義務教育の社会科の授業の中で得られる選挙の知識くらいでしょう。

二十歳を過ぎて初めて選挙の投票所に行って手続きにそわそわしながら、選挙事務に携わっている係員に促されたり、周りの人の動きを見ながら、投票ってものをとりあえず済ませることができたという人がほとんどではないでしょうか。親と一緒に投票に行った人もいるかもしれません。

選挙区とか比例とかいくつも投票用紙を書かなきゃいけないものもありますけど、まあゆっくり落ちつてい記載台に書かれた名前などを見ながら書けば特に難しいわけではありません。

それに、学生時代に生徒会の選挙みたいなものもあるわけですから、選挙というものがどういうものかくらい、その経験とニュース映像などからも察しがつくでしょう。

これまで二十歳になった若者は選挙について特別に何かレクチャーを受けたことなど無いのですから、18歳の若者に模擬選挙みたいなものをやらせる必要は無いと思いましたが、いかがでしょう?

これからずっと高校の授業などで選挙について扱う時間を設けるってことなのでしょうかね?

私らはぶっつけ本番で選挙の投票に行ったので、18歳に引き下げられたから選挙について考えてもらうってのは何か変だなとも思ったわけです。

若者の政治参加・投票への意識の低下が問題になっていることも理由なのかもしれませんが、選挙について考えてもらうだけで改善する話でもないとも思いますけどね。

スポンサーリンク
記事下左広告(右はphpファイルに直書き)

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です